新車で国産なら中古で輸入車はどう?200万円程で買えるおすすめ中古輸入車

中古輸入車の購入を考える前に

特徴あるデザイン、優れた高速性能、ハンドリングやブレーキのしっかり感。輸入車には、国産車とは違う魅力や特徴、そしてプレミアム感が備わっています。しかも中古車は、新車からの値落ち幅が大きく、消費者心理に重要な買得感もついてきます。

予算200万円というと、国産車の新車なら、トヨタ アクアや日産 ノート e-POWER、ミニバンではトヨタ シエンタ、SUVではホンダ ヴェゼルなどが候補になると思います。では輸入中古車で、3年落ち以内、低走行、保証付という内容で選ぶと、どんなクルマがあるのでしょうか?

①VW ゴルフ TSI

VW ゴルフ TSI コンフォートライン

VW ゴルフは、欧州のCセグメントに位置する大衆車で、スバル インプレッサスポーツや、マツダ アクセラスポーツが同じクラスのライバルにあたります。

日本で販売されるゴルフのベーシックグレードのTSIなら、新車価格253.9万円のエントリーグレードはもちろん、上級グレードのコンフォートラインやハイラインも、200万円の予算で探すことが可能です。

エクステリア・インテリアともシンプルで落ち着いたデザイン、適度な硬さのサスペンションや長距離でも疲れにくいシート、7速DSGと組み合わされたダウンサイジングターボエンジン、各部の質感など、大衆車とはいえレベルの高い作りのクルマであることを実感できます。

②プジョー 308 アリュール

プジョー 308 SW

プジョーのコンパクトカー308は、2013年に2代目となり、2014年には「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得しています。

308には、ベーシックグレードのアリュール(Allure)に、1.2Lのガソリンターボと1.6Lのクリーンディーゼル、GTには1.2Lのガソリンターボと2.0Lのクリーンディーゼルがありますが、お勧めは1.2Lガソリンターボ搭載のアリュールです。
 
自社開発製の1.2Lガソリンターボのスペックは、最高出力96kW(130ps)/5,500rpm、最大トルク230Nm/1,750rpm。ミッションはアイシンAW製のパドル付き6速ATとなります。必要十分なパワーと、プジョーらしいしなやかな乗り心地は、ドイツ車とはまた違った味付け。

特徴的なライト周りとセンスの良い都会的なエクステリアデザイン、そして硬派でスポーティな印象のインテリアデザインに、美的センスをくすぐられる人は多いでしょう。

次ページボルボ、BMWのあのモデルも買える!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives