BMW 初代2シリーズ(DBA-2G30/DBA-2F20/3DA-7M20/DBA-6S15/LDA-2C20/DBA-6V15/LDA-2E20/DBA-2F20型)のそれぞれの後部座席の使い勝手

BMW 初代2シリーズ(DBA-2G30/DBA-2F20/3DA-7M20/DBA-6S15/LDA-2C20/DBA-6V15/LDA-2E20/DBA-2F20型)には、2ドアタイプの「クーペ」と「カブリオレ」、5ドアタイプの「グランクーペ」、ミニバンタイプの「アクティブツアラー」と「グランツアラー」の合計5種類がラインナップされています。

同じ初代2シリーズでも見た目もタイプも違うので、それぞれどのような特徴があるのか分からないという人も多いのではないでしょうか?この記事では初代2シリーズの5種類を見分ける為に、簡単な特徴とリヤシート(後席)の使い勝手について紹介します。

Chapter
BMW 初代2シリーズ クーペの後部座席の使い勝手は?
BMW 初代2シリーズ カブリオレの後部座席の使い勝手は?
BMW 初代2シリーズ グランクーペの後部座席の使い勝手は?
BMW 初代2シリーズ アクティブツアラーの後部座席の使い勝手は?
BMW 初代2シリーズ グランツアラーの後部座席の使い勝手は?

BMW 初代2シリーズ クーペの後部座席の使い勝手は?

BMW 初代2シリーズ クーペは2ドアクーペです。フロントエンジン・リアドライブのFR(後輪駆動)車であり、スポーティーなデザインが特徴と言えます。サイズは全長4,470mm×全幅1,775㎜×全高1,410㎜であり、シャープなエクステリア(外装)から、走ることを重視したユーザーに人気の1台です。

初代2シリーズ クーペは2ドアなので、リヤシートにはフロントシート(前席)を倒して乗り込みます。前席は電動で前後に動く機構が装備されているので、乗り込みがスムーズにできることが嬉しいポイントです。

リヤシートには2人まで座ることができ、リヤシート中央には大きめのアームレストを装備。十分にくつろぐことが可能です。さらにアームレストの下部には財布などを置くことができる収納部も用意されており、快適性は高いといえます。

BMW 初代2シリーズ カブリオレの後部座席の使い勝手は?

BMW 初代2シリーズ カブリオレは全長4,470mm×全幅1,775㎜×全高1,415㎜と「クーペ」とほぼ同じサイズ感で作られています。最大の特徴はルーフを開けてオープンカーとして使用できることでしょう。時速50kmまでであれば、走行中でもルーフの開閉が可能です。

4人乗りタイプであるBMW 初代2シリーズ カブリオレのリヤシートはクーペと同様で決して広いとは言えません。しかし、リヤシート中央にはドリンクホルダーがあり、センターコンソール後方にはエアコンの吹き出し口もあるので、移動時間を快適に過ごすことができます。

BMW 初代2シリーズ グランクーペの後部座席の使い勝手は?

BMW 初代2シリーズ グランクーペは4ドアクーペです。全長4,535mm×全幅1,800㎜×全高1,430㎜とクーペと比べると全体的に大きくなった印象を持ちます。洗練された外見もさることながら、内装も高級感が漂う1台です。

5人乗りタイプである初代2シリーズ グランクーペのリヤシートは、「クーペ」や「カブリオレ」と比べると、空間にも余裕があり、より快適に過ごすことができます。リヤシートにもドアがあるので、ドアポケットなどの収納が使えるのも嬉しいポイントです。

ドリンクホルダー付きのアームレストや、エアコンの吹き出し口、充電用のUSBポートも完備されています。

BMW 初代2シリーズ アクティブツアラーの後部座席の使い勝手は?

BMW 初代2シリーズ アクティブツアラーは5人乗りのミニバンタイプです。全長4,375mm×全幅1,800㎜×全高1,550㎜のサイズ感であり、前述した「クーペ」、「カブリオレ」、「グランクーペ」よりも背が高いことが分かります。

初代2シリーズ アクティブツアラーはミニバンタイプなので、リヤシートでも天井が高くて圧迫感がなく、快適に過ごすことが可能です。「グランクーペ」と同様に、ドリンクホルダー付きのアームレスト、エアコンの吹き出し口や充電用のUSBポートも完備されています。

BMW 初代2シリーズ グランツアラーの後部座席の使い勝手は?

BMW 初代2シリーズ グランツアラーは全長4,585mm×全幅1,800㎜×全高1,640㎜と初代2シリーズの中で最大のサイズ感を誇るミニバンタイプの1台です。定員も7人であり、社内も広く設計されていることが分かります。

7人乗りタイプである初代2シリーズ グランツアラーはリヤシートが2列目と3列目にあります。3列目にも乗り込みやすいように、後方ドアが長めに設計されていることが嬉しいポイントです。

2列目のリヤシートは、座席の真ん中を倒すと広々としたアームレストになります。3列目にもドリンクホルダーが完備されており、長距離のドライブでも快適に過ごせるでしょう。全ての座席が独立して、リクライニングや位置調整が可能なので、少人数で使用する場合は、リヤシートを倒すことで収納スペースとしても使用可能です。

BMW 初代2シリーズの簡単な特徴とリヤシートについて紹介しました。5種類全てにおいて、リヤシートでも快適に過ごせる工夫がなされていますね。用途や家族構成に合わせて種類を選ぶことができるのが、初代2シリーズの魅力と言えるでしょう。

※ 2021年1月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK