中古車の修復歴ありとなしの境界線

交通事故

インターネットで中古車を検索していると、年式や走行距離の他に「修復歴」というワードが出てきます。修復歴というのは、なんらかのカタチでボディを修復していることだと理解できますが、どれくらいの修理から”修復歴あり”となるのでしょうか?修復歴の定義について紹介します。

Chapter
修復歴の定義は?
事故車=修復歴車?
修復歴があると査定額はどれくらい変わる?

修復歴の定義は?

中古車の買取価格や販売価格は、年式、走行距離、車両状態そして修復歴の有無によって大きく左右されます。

この修復歴の定義は、骨格部分を交換・修復することで、フレーム(サイドメンバー)、クロスメンバー、インサイドパネル(インナーフェンダー)、ピラー、ダッシュパネル(バルクヘッド)、 ルーフパネル、フロア、トランクフロアを交換したり、修復した車両が”修復歴あり"となります。これは業者に告知する義務があります。

反対に、ボディ外板を軽くへこませてしまったり、バンパーをぶつけてバンパーのみ交換、さらにはフロントフェンダーからリアフェンダーまでこすってしまったけれど、修理は外板の交換だけで済んだ場合には修復歴はつきません。この場合は、フェンダーの塗装状態が他の部分と違っていても、業者に告知する義務はありません。

事故車=修復歴車?

修復歴あり=事故車と考えている方も多いかと思いますが、必ずしも事故車というわけではありません。事故車でなくても、骨格に関わる修理を行った場合は、修復歴ありとなります。

その代表的なものがルーフパネルで、雹、落下物などが原因で損傷して、交換を余儀なくされていることがあります。

修復歴があると査定額はどれくらい変わる?

気になるのは、修復歴がある車の売却ですが、修復歴があっても買取ができないということはまずないので安心してください。

しかし、査定額は大幅にダウンする可能性は否めません。車の査定では、年式や走行距離も値を決める重要なポイントですが、修復歴があるかないかも重要なポイントとなります。もちろん、修復歴がある場合、査定額は大きく下がる可能性が高いです。

修復した箇所や、査定士の判断にもよりますが、修復歴がない車に比べて数十万円も査定額が低くなることもあるようです。おおむね、修復歴がない車よりも査定額は2〜3割程度が低くなるようです。

査定のときに少しでも金額を上げたいがために、修復歴があるにも関わらず、修復歴がないと偽って売却することは告知義務違反に問われれることになり、後々、トラブルに発展する可能性が非常に高いので絶対にやめましょう。