【マイチェンで質感がアップ!?】ウェイク2016の外装画像レビュー

ウェイク画像00004

ダイハツから発売されているウルトラハイト系ワゴンのウェイク(WAKE)が
2016年5月にマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

今回の新発売ではフロントグリルのデザインが変更されるなど、
よりスタイリッシュなデザインに・・・。また今回のウェイク(WAKE)の
マイチェンでは、ミストブルーマイカメタリックなど新色が2つ用意され、
カラーバリエーションが豊富になりました。

そんなマイナーチェンジをしたダイハツ ウェイク(WAKE)の外装・
エクステリアの様子を写真に収めてきたので、徹底的にレビューいたします。

※2016年6月30日の記事です。

ダイハツ ウェイク外装画像レビュー:横から

また、今回マイナーチェンジをして新発売されたダイハツ ウェイクを
横から見ると、このような感じ。

シルバーカラーになっているドアハンドルとターンランプのガーニッシュが
ワンポイントになっていて、良いですよね。

また、新型モデルのスライドドアを開けた時の開口幅は、このような感じ。

ウェイク(WAKE)はフロア位置が低いので乗り降りは比較的しやすいのですが、
個人的にはもう一回りスライドドアの開口幅は広いほうが、好みでした。

タイヤ&ホイールは、ターボ専用デザイン

また、今回私が見たダイハツ ウェイク(WAKE)のタイヤ&ホイールは、
このようなデザインになっています。

このホイールで残は、GターボSAⅡ専用。
細めのスポークがスポーティーな感じがして良いですよね。

個人的には、スタイリッシュでなかなか良いデザインのホイールだと思いました。

また、今回新設定されたGターボSAのレジャーエディションを除いて
ウェイク(WAKE)に採用されているタイヤサイズは、14インチでした。

ダイハツ ウェイク(WAKE)はボディサイズが大きいので、15インチサイズの方が
見た目のバランスは、良いのかなと思いました。

ちなみに、このクルマはメーカーオプションでタイヤのサイズを
変更する事はできません。個人的には15インチタイヤをオプションで
用意してもらいたかったです。

この点は少々残念でした。

<次のページに続く>
次ページ
ダイハツ ウェイク外装画像レビュー:後ろから

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ