ダイハツ ウェイクの荷室は広さはどれくらい?

軽スーパーハイトワゴンの中で、遊び心のある装備がたっぷり詰められているのがダイハツのウェイクです。同社のスーパーハイトワゴンであるタントをベースに、アウトドアに特化したさまざまな魅力を装備し2014年11月に登場しました。車高が高く設計されており、車内で着替えなどを済ませられるほどの広い室内を実現しています。

また収納する荷物の多さに対応するシートアレンジも人気の理由の1つです。アウトドアユーザーにはおすすめのダイハツ ウェイクですが、実際の荷室の広さはどのくらいなのでしょうか?今回はダイハツ ウェイクの荷室の広さを解説していきます。

文・PBKK

Chapter
広大な室内空間を活かしたシートアレンジで荷室に!
荷室の床下には便利な収納スペースが出現
荷物を積み込むときに便利な装備が満載!

広大な室内空間を活かしたシートアレンジで荷室に!

ダイハツウェイク

広々とした室内空間はウェイクの最大の特徴です。室内寸法は、室内長2,215mm×室内幅1,345mm×室内高1,455mmとなっておりベースとなっているタントと比べ、室内長は15mm、室内高は90mmも広げられました。「ウルトラスペース」と謳われるだけあり、軽自動車トップの室内空間を確保しています。

前後席にもしっかりとした余裕があり、のびのびと足を伸ばせる居住空間は、ユーザーから絶大な支持を得ています。しかし、ウェイクは高い居住性だけが魅力ではありません。その広大な室内空間を、変幻自在なシートアレンジで荷室に早変わりさせてしまうのです。

通常の荷室の広さは、荷室幅875mm×荷室高1,140mm×奥行き330mmとなっています。一見、奥行き330mmが狭く感じますがウェイクは後部座席を調節することができるので、後部座席をスライドさせれば最大570mmまでスペースの確保が可能です。

また後部座席をフラットに倒すこともできるので、後部座席格納時には最大1,450mmまで広がります。左右分割で調節できるスライドとリクライニングは非常に便利で、1人1人の体格に合わせて調節できるだけではなく、収納したい荷物の大きさ合わせるなどさまざまな場面に対応することが可能です。

自動車もそのまま積み込むことができるので驚きと満足の室内空間です。

荷室の床下には便利な収納スペースが出現

ダイハツウェイク

ダイハツ ウェイクの荷室床下部分には「大容量ラゲージアンダートランク」が装備されています。クーラーボックスなどの大きな荷物をはじめ、日常で頻繁に使わないような子供の着替えや、アウトドアまたは災害時の車中泊で常備しておきたい物などバラエティに積み込むことが可能です。

またデッキボードの裏に設置されている脚を立てることにより、アンダートランクの高さを調節することができます。開いたままにして背の高い植物などを収納することも可能ですし、高さを変えて二段階収納も実現します。隅々まで無駄なく収納にスペースをあてることができる実用的なアイテムです。

このアンダートランクは「イージーケアフロア」が採用されています。防水素材で掃除がしやすく、水や泥で汚れてしまっても簡単に拭き取ることができるのでお手入れが簡単です。気兼ねせず濡れた物を入れられるのが嬉しいポイントです。

次ページ
荷物を積み込むときに便利な装備が満載!