イグニスの試乗の感想。1.2Lエンジンの加速力に不満を感じた?

イグニス(IGNIS)ですが、早速試乗に行ってきました。そして、今回は私が一番気になっていた1.2リットルサイズのエンジンを搭載したイグニス(IGNIS)の加速力とパワーについて紹介したいと思います。

2016/7/28

Chapter
イグニスの加速力&パワー インプレッション
スズキ イグニス 2016

イグニスの加速力&パワー インプレッション

今回試乗させ貰ったイグニス(IGNIS)のモデルは、こちら。

スズキ イグニス 2016

試乗をさせてもらったグレードは”ハイブリッドMZ”の4WD車。そして、ボディカラーは人気のネオンブルーメタリック×ブラックの2トーンカラー。ディーラーさんの話によりますと、新型イグニスは2トーンカラーよりもモノトーン(単色)の方が人気が高いようですが、実際に見た2トーンカラーはなかなか良い感じ。ルーフがブラックなので引き締まって見えました。

エンジンの立ち上がりは意外と静か!?

そんなイグニス(IGNIS)の運転席に座って、ハンドルの右側にあるエンジンスタータースイッチをオン。

スズキ イグニス 2016

イグニス(IGNIS)はハイブリッド車という名前になっていますが、エンジンをモーターがサポートするマイルドハイブリッドシステムを採用。なので、アクアや新型プリウスなどのストロングハイブリッド特有の無音で立ち上がるのではなく、エンジンを立ち上げた感じはガソリン車に近い感じ。

それ程騒々しくはありませんが、エンジン音とともに多少の微振動を感じます。もしハイブリッド車のような静かな立ち上がり&発進を期待しているのならちょっと驚くかもな~っと思いました。

発進時の加速力はまずまず!?

新型イグニス(IGNIS)に標準装備されているパドルシフトなどの
操作方法のカンタンな説明を受けて、いよいよクルマを発進。

まずはブレーキペダルから足を離して、クリープ現象を利用して
スズキのディーラーから車道へ・・・。

スズキ イグニス 2016

そして、左折をしてアクセルを踏み込むと・・・。
ちょっと軽めのエンジン音とともにスムーズに加速。

新型イグニス(IGNIS)のメーターの右側の液晶ディスプレイを見ると、
モーターからもタイヤに矢印が出ており、しっかりとモーターがエンジンを
サポートしている様子。

スズキ イグニス 2016

イグニス(IGNIS)は1.2リットルエンジンと言うことで発進時の加速力なども少し不安だったのですが、ぜんぜん問題なし。

予想以上の加速力と言うことは無かったのですが、発進時の加速やアクセルを踏み込んだ時にはしっかりとモーターがエンジンをサポートするので、特に加速力の悪さやパワー不足を感じる事はありませんでした。またアクセルペダルも若干軽めで、乗っている感じは軽自動車に近いように感じました。今回の試乗でアクセルを踏み込んだ時にパワー不足を感じなかった理由の一つは、イグニス(IGNIS)の軽量ボディ。

実際にこのモデルに乗ってみると、ボディの軽さが分かる乗り心地。

スズキ イグニス 2016

イグニス(IGNIS)は強力なエンジンのチカラでキビキビと走ると言った印象ではなく、ボディの重さを感じる事が無くスイスイと進んでいく印象を持ちました。

実際に運転席に座っていてボディの剛性感や包み込まれていると感じる事は皆無だったのですが、このアクセルを踏み込むとスイスイと進んでいく感じはとても好印象でした。

中速域からの加速も良好!?

また、イグニス(IGNIS)は中速域からの加速も良好。

今回はイグニス(IGNIS)のメーターの右側の表示されているエネルギーフローインジケーターを見ながら運転をしていたのですが、一定速度で走行している時はエンジンのみで走行。

スズキ イグニス 2016
スズキ イグニス 2016

なので、巡回走行中はモーターのサポートは特にありません。そして、加速をしようとアクセルを踏み込んだ瞬間、イグニス(IGNIS)に搭載されているモーターもスグに作動して、一気に加速。

ちょっと軽めのエンジン音とともに、ススス~と滑らかに加速していきます。エンジン音は軽自動車みたいにちょっと頼りない感じなので吹け上げ感は気持ちよいとはいえませんが、アクセルを踏み込んだ時のレスポンスの良さは好印象でした。

また、中速域からの加速を何回か試してみて、とても良いと思ったのがモーターの作動のタイミング。急加速してモーターのかかり具合などを数回確かめたのですが、エネルギーフローインジケーターを見ていないといつモーターが作動したのか全く分からない・・・。

スズキ イグニス 2016

モーターが作動するタイミングで変な衝撃やギクシャク感が無いので、運転をしていてとても快適でした。この違和感を感じないモーターのサポートも個人的には好印象でした。

スズキ イグニス 2016

イグニス(IGNIS)がキビキビとした加速力を体験する事はできませんでしたが、車体重量約800kgと軽量化されたボディと相まって全く不満のない加速力・パワーを体験する事ができました。

このイグニスは、まさにスルスル~~っと言った滑らかな乗り心地。また、イグニス(IGNIS)に搭載されているハイブリッドシステムもすばらしくモーターの作動時の不快な電子音なども全く聞こえませんでした。

今回の試乗での燃費は18.3km/Lだったのですが、街中での運転でも実燃費で22~23.0km/L程度は可能のようです。これだけの加速力とパワーがありながら、この実燃費が達成できたら十分ですよね。トヨタのストロングハイブリッドのアクア(AQUA)よりも車体価格が安く、コストパフォーマンスも優れていますし・・・。

個人的にはイグニス(IGNIS)の加速力と燃費性能には、大満足でした。新ジャンルのクルマだけあって、この新型イグニスの乗り心地やロールも同カテゴリーのクルマとは多少異なっているように感じました。この乗り心地やロールも注目かもしれませんね。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報