スズキのイグニスを実際に見て気が付いた2つの不満

スズキイグニス画像0002

2016年2月18日にスズキから小型クロスオーバー車の新型イグニス(IGNIS)が
新発売されますね。

今回新発売される新型イグニス(IGNIS)はもうすでに東京モーターショー2015や
東京オートサロンなどで出展されており、注目を集めていました。

私も実際に東京モーターショーなどでこの新型モデルをいち早く
確認する事ができたのですが、ハスラーのようなポップ見た目や内装に大満足。

また、1.2リットルサイズの普通乗用車では珍しい後部座席の
スライド機能など便利で使い勝手の良い機能も盛りだくさんで見た瞬間に
このクルマは売れるだろうな~っと思いました。

ただ、新型イグニス(IGNIS)にはこれって軽自動車っぽいな~っという不満・欠点も・・・。

実際にこの新型モデルを見て気になった新型イグニス(IGNIS)の
不満・欠点を紹介したいと思います。

※2016年2月16日の記事です。

Chapter
不満1:新型イグニスはボディが薄め!?
剛性感を感じない理由は・・・
不満2:新型イグニスのガソリンタンク容量

不満1:新型イグニスはボディが薄め!?

今回新型イグニス(IGNIS)を東京モーターショー2015などで実際に
みて気になったのは、剛性感。

東京モーターショーでこの新型モデルに乗り込んでドアを閉めた時に
気が付いたのですが、このクルマのボディはヴィッツやマーチなどに比べて
薄めの印象が・・・。

そのためドアを閉めた時「パスッ!」と言った感じで軽自動車のような
ちょっと軽々しい感じの音が・・・。

新型イグニス(IGNIS)は高級車ではなく比較的価格の安いクルマなので、
ドアを閉める音まで期待していなかったのですが、これはちょっと興ざめ・・・。
ちょっと残念に感じてしまいました。

また、実際にこのクルマの運転席に座っても重厚なボディに
囲まれている安心感や剛性感を感じる事ができませんでした・・・。

それよりもむしろ新型イグニス(IGNIS)の運転席に座ってみると、
軽自動車に乗っているような錯覚に陥るような感じ・・・。

交通事故などにあった時の事を考えると、この新型モデルは
少し頼りなく感じてしまいました。

剛性感を感じない理由は・・・

この今回新発売されるこの新型イグニス(IGNIS)で剛性感を感じない理由は、
軽量化されたボディの影響が多いのかなと感じました。

今回新型イグニス(IGNIS)に使用されているのは、フルモデルチェンジをして
新発売されたプチバン”新型ソリオ(SOLIO)”と全く同じプラットフォームを採用。

そして、新型イグニス(IGNIS)の車体重量はなんと約800kgとなっています。
これはヴィッツやマーチなど1.2リットルサイズのクルマよりも100kg以上も軽い数値。

このように比較すると、この新型モデルがいかに車体重量が軽いのかわかりますよね。

新型イグニス(IGNIS)では、このようにボディを軽量化するために
使用している板金が他のクルマよりも薄いのかなと思ってしまいました。

実際に私が見た感じでは、他のクルマよりも薄くなっていましたし・・・。
この重厚感の無いドアを閉める時の音や剛性感の無い乗り心地は
普通乗用車としては、少し不安を感じてしまいました。

<次のページに続く>
次ページ
不満2:新型イグニスのガソリンタンク容量

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ