アイドリングストップの感想。イグニスの試乗で気付いた事とは?

イグニス(IGNIS)を試乗してきたのですが、アクセルを踏み込んだ瞬間に軽快に加速していく乗り心地など走破性も大満足。搭載されているモーターがエンジンをしっかりとサポートしてくれるので、とても快適に運転をする事ができました。ただ、イグニス(IGNIS)を試乗していて気になったのは、アイドリングストップ(アイスト)の感じ。このアイドリングストップ(アイスト)に関しては、私が期待していたほどスムーズではありませんでした・・・。そんなイグニス(IGNIS)のアイドリングストップ(アイスト)の様子、また、私が気になった事・感じたことについてお話したいと思います。

2016/7/28

Chapter
イグニスのアイスト:停車時の様子
イグニスのアイスト:発進時の感想
スズキ イグニス 2016

イグニスのアイスト:停車時の様子

イグニスのアイドリングストップ(アイスト)ですが、停車する時はとってもスムーズ。エンジン音に集中していても、いつエンジンが停止したか分からないくらい・・・。この点については、とても好印象&大満足でした。

スズキ イグニス 2016

イグニス(IGNIS)のハイブリッドシステムは名前こそ異なりますが、ハスラーやワゴンRなどスズキの軽自動車に採用されているSエネチャージと全く同じシステムを採用しています。なので、アイドリングストップのタイミングも全く同じになっており、停車時にブレーキを踏んで時速約13km/h以下になると、エンジンが停止します。

私もいつエンジンが停止したか確認するためにエンジン音や衝撃などに意識を集中したのですが、エンジンが停止する音やその衝撃がないので、アイドリングストップ(アイスト)が開始されたか全く分かりませんでした。このイグニスでアイドリングストップ(アイスト)の開始したタイミングが分かる唯一の方法は、液晶画面。イグニス(IGNIS)ではメーターの右側にある液晶画面でアイドリングストップの累計時間を表示してくれます。

スズキ イグニス 2016

このメーターに表示されるアイドリングストップの累計時間は、常に表示されているのではなく、アイストが開始されると表示され累積時間が計上されていく設定になっています。
そのため、イグニス(IGNIS)のメーターの右側のアイドリングストップの累計時間が加算されていくのをみて、アイストが始まったのだなと気付く感じ。意識を集中してもいつエンジンが停止したか分からないイグニス(IGNIS)のアイドリングストップは、ガソリン車の中でもトップクラス。このアイドリングストップのスムーズさには、大満足でした。

アイドリングストップする時間は予想以上に長い!?

また、実際にイグニス(IGNIS)を運転してみて気が付いたのですが、エンジンが止まるタイミングがとても良い感じ。先ほども申し上げたとおり、ブレーキペダルを踏み込んで時速約13km/h以下になるとエンジンが停止しアイドリングストップをします。

スズキ イグニス 2016

しかし、このエンジンが停止するタイミングが予想以上に早い。急ブレーキではなく、同乗者に優しいふんわりブレーキをするとエンジンが停止するタイミングは思ったよりも早め。イグニス(IGNIS)の液晶画面にアイドリングストップの累積画面が表示され、「こんなに早くエンジンって停止しているの!?」と、驚くくらい・・・。

ふんわりブレーキをすると、エンジンが停止してから10m以上もまだまだ進んでいく感じ・・・。そのためイグニス(IGNIS)は、思ったよりもアイドリングストップする時間は長いように感じました。20分~25分程度試乗したのですが、運転終了後にアイドリングストップの累計時間をみたら、4分弱。今回は郊外の広い道だったので信号待ちなどもすくなめだったのですが、思ったよりもアイドリングストップしている印象を持ちました。このスムーズだけではなく、エンジンの停止が早いのもとても好印象でした。

イグニスのアイスト:発進時の感想

このように停車時の印象はとても良かったイグニス(IGNIS)のアイドリングストップ(アイスト)ですが、発進時はちょっと気になった点が・・・。イグニス(IGNIS)はブレーキペダルから足を離すか、もしくは、ハンドルを軽く左右に振るとエンジンが再始動します。

スズキ イグニス 2016

ただエンジンが再始動する時、思ったよりもエンジン音が大きく、また、車体本体が若干振動しました。イグニス(IGNIS)はハスラーやソリオと同様のアイドリングストップの
システムを採用しており、スターター専用モーターとベルトを使用してエンジンを再始動します。

以前ハスラーやソリオを試乗した時はこれ程大きなエンジン音と振動を感じず静かにエンジンが再始動していた印象があったので、このクルマでも同じようなスムーズさを期待していたのですが・・・。

スズキ イグニス 2016
スズキ イグニス 2016

イグニス(IGNIS)のエンジンの再始動時のエンジン音と揺れが大きくて残念でした。ディーラーさんから「この新型イグニス(IGNIS)のアイドリングストップの立ち上がりの音は、それほど気になりませんよ~」と言われていたのですが、今回の試乗ではどうしても気になってしまいました。

エンジンが停止した時のスムーズさがとても静かで好印象だっただけに、この再始動時のエンジン音の大きさや微振動は気になってしまいました。ちなみに、エンジンが再始動する時のタイムラグが小さいのは、とても好印象でした。

スズキ イグニス 2016

イグニスのアイドリングストップ(アイスト)では、エンジンの停止時のスムーズさ静かさはとても好印象でした。この静かさはハイブリッド車並みです。

しかし、その一方エンジンが再始動する時の音や若干の揺れは若干気になってしまいました。ただ、このエンジン音の大きさや揺れはアイドリングストップのスムーズさに定評があるハスラー(Hustler)や新型ソリオ(Solio)と比較したから。普通乗用車のガソリン車のアイドリングストップと比較したら、イグニス(IGNIS)の方がぜんぜん良いと思います。

もしこれからイグニス(IGNIS)を試乗する際は、アイドリングストップのスムーズさや静かさもしっかりと確認してみてくださいね。このロールの感じもSUV車特有の感じと分かっているのですが、実際に試乗してみると、少し気になってしまいました。試乗する際は、このロールの感じもしっかりと確認してみてくださいね。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報