スズキ イグニスは狭いって本当?居住性・快適性を確認してきた

イグニス(IGNIS)はボディはコンパクトサイズにもかかわらず運転席のアイポイントは高めに設定されているので、とっても運転がしやすい。最小回転半径も4.7mとなっているので、細い路地の運転やコインパーキングでの駐車もラクラク。パワー・加速力も申し分ないので、街中を運転するのには最適だと思いました。イグニス(IGNIS)は小型SUVと言うことで居住性、
車内の広さがきになりますよね。このイグニス(IGNIS)の居住性・室内の広さに関しては、運転席などフロントシートと後部座席で全く異なる印象が・・・。そんなモデルの居住性・快適性について実際に試乗した際に確認してきたので、包み隠さず紹介したいと思います。

2016/7/28

Chapter
イグニスの居住性1:運転席などフロントシート編
イグニスの居住性2:後部座席編
スズキ イグニス 2016

イグニスの居住性1:運転席などフロントシート編

イグニス(IGNIS)の運転席は、このようになっています。

スズキ イグニス 2016

実際に座ってみるとフロントシートのサイズ、横の張り出しも十分で座り心地バツグン。コンパクトカーにしてはシートのサイズも大き目の設計になっているようで、成人男性の私が運転席に座ってもとっても快適でした。また、運転席に座ったときの居住性も十分合格点。イグニス(IGNIS)の運転席に座ってみて特に良いと思ったのは、ヘッドクリアランス。

スズキ バレーノ 2016

私の身長が175cmなのですが、頭から天井まで拳を縦にして1個半分くらいの余裕がありとても快適に運転することができました。また、イグニス(IGNIS)は室内幅が1,365mmと比較的狭くなっています。

スズキ イグニス 2016

しかし、運転席と助手席の間はセンターコンソールが装備されており、左右のシートの距離も十分。コンパクトさを感じない広さ&乗り心地になっているのは、好印象でした。

気になったのは、横の壁までの距離

頭上空間が広くとても圧迫感を感じない居住性があるのがとても好印象だったイグニス(IGNIS)ですが、少し気になったのは頭から横の空間。

スズキ イグニス 2016

イグニス(IGNIS)はこのようなデザインになっており、台形のように天井の方が横幅が狭くなっています。

スズキ イグニス 2016
スズキ バレーノ 2016

見た目はとってもオシャレな感じですが、運転席に座ってみるとこのデザインは、思ったよりも影響があるように感じました。私自身が少し気になったのは頭上や目線から横の壁までの距離。運転席に座ると右目のスグ横に壁があるような感じがして、少し気になりました。

スズキ イグニス 2016

実際にイグニス(IGNIS)に座ってみて頭から横までの距離の近さは多少気になったものの、天井までの距離(ヘッドクリアランス)は大満足でした^^

イグニスの居住性2:後部座席編

運転席などフロントシートの居住性はとっても良かった型イグニスですが、後部座席の居住性はイマイチ・・・。

スズキ イグニス 2016

狭くて、ちょっと圧迫感を感じてしまいました。個人的に特に気になったのは、イグニス(IGNIS)の後部座席を一番後ろにスライドした時の居住性。イグニス(IGNIS)を後部座席を一番後ろにスライドすると、足元空間(ニークライアンス)はこのようにとっても広くなり快適です。

スズキ イグニス 2016
スズキ バレーノ 2016

しかし、頭上から天井までの距離(ヘッドクリアランス)は、イマイチ・・・。私がこのようにイグニスの後部座席を一番後ろまでスライドした状態で座ってみると天井までの隙間はほとんど無し。手のひら一枚入るかどうかくらいのスペース。私で何とか天井に頭をぶつけないくらいの隙間しかないので、身長が185cm程度ある人がこの状態でこのクルマの後部座席に座るのはちょっと厳しいのかなと思いました。

イグニスの後部座席の天井空間が狭いと感じた理由

後部座席を一番後ろにした時に頭上空間が狭いと感じた理由の一つは、このイグニス(IGNIS)のルーフと荷室・ラゲッジスペースのデザイン。イグニス(IGNIS)の後部座席を一番後ろにスライドすると、このような感じになっています。

スズキ バレーノ 2016

ここで注目なのは、後部座席の位置。イグニス(IGNIS)の後部座席のヘッドレストは、ちょうどルーフが低くなっている部分の真下に位置しています。このためにイグニス(IGNIS)の後部座席を一番後ろにした状態では、頭上空間(ヘッドクリアランス)に少々狭さを感じたのかなと思いました。後部座席を少し前にすると天井の位置は高くなるので多少居住性は
アップしますが、やはり足元空間の広さの事を考えると一番後ろにスライドする事が多いですよね。

スズキ イグニス 2016

個人的には後部座席を一番後ろにした時の頭上空間、そして、イグニス(IGNIS)の後部座席に座った時のの居住性は、ちょっと残念に感じてしまいました。

圧迫感を生み出すサイドウィンドウのデザイン

また、イグニスの後部座席には居住性が悪いと感じた理由がもう一つ。それはサイドウィンドウのデザイン。イグニス(IGNIS)の後部座席はこのように下端が持ち上がって矢印のような鋭いデザインになっています。

スズキ イグニス 2016

この特徴的なデザインになっているこのクルマのサイドウィンドウを車内から見るとこのような感じ。

スズキ バレーノ 2016

ちょうど後部座席の横にあるサイドウィンドウの下部がパネルで覆われているデザインになっています。なので、イグニス(IGNIS)の後部座席に座ると運転席などフロントシートほど
開放感は感じません。むしろフロントシートよりも圧迫感を感じるくらい・・・。このデザイン性を重視したサイドウィンドウのデザインもイグニス(IGNIS)の後部座席の居住性の悪さに影響を与えているのかなと感じました。

スズキ イグニス 2016
画像 試乗 画像 試乗レビュー速報