イグニスの荷室サイズは意外と狭い!?【ハスラーと比べてみた】

スズキイグニス画像0001

スズキから小型SUVの新型イグニス(IGNIS)が新発売されましたね。

今まで1.2リットルサイズの小型SUVは無かったこともあり、発売前から大注目。
ディーラーさんに話を聞いたところによると、2016年1月の発表直後から
問い合わせや見積もり依頼が続々と届いているようです。

そんな新型イグニス(IGNIS)の特徴の一つが、普通乗用車にも関わらず
軽自動車のように後部座席がスライドして荷室・ラゲッジスペースの
奥行きを調節できること。

私も実際に東京モーターショーや東京オートサロンでこの新型車を
見たのですが、荷室・ラゲッジスペースは使い勝手が良いように感じました。

そんな新型イグニス(IGNIS)と人気軽SUVのハスラー(Hustler)の
荷室・ラゲッジスペースを比べてみたらちょっと意外な結果に・・・。

この2台の荷室・ラゲッジサイズについて紹介したいと思います。

※2016年1月28日の記事です。

Chapter
荷室・ラゲッジスペース比較1:後部座席を使用時
注目なのはラゲッジスペースの奥行き
ハスラーの荷室の方が広く感じる!?
荷室・ラゲッジスペース比較2:後部座席を格納時

荷室・ラゲッジスペース比較1:後部座席を使用時

今回新しく発売された新型イグニス(IGNIS)の荷室・ラゲッジスペースは、
このようなデザインになっています。

そして後部座席を使用した時の荷室サイズは、このようになっています。

■新型イグニスの荷室サイズ
荷室長:430 ~ 595mm
荷室高:725mm
荷室幅:1,160mm

一方、人気スズキから発売中の人気軽SUVのハスラー(Hustler)の
荷室・ラゲッジサイズは、このようになっています。

■ハスラーの荷室サイズ
荷室長:290 ~ 450mm
荷室高:900mm
荷室幅:1,100mm

注目なのはラゲッジスペースの奥行き

この新型イグニス(IGNIS)とハスラー(Hustler)の荷室・ラゲッジスペースの
荷室サイズで、注目なのは荷室長。

ハスラーの後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室・ラゲッジスペースは、
荷室長が290mmとなってしまい、かなり狭くなってしまいます。

後部座席を一番後ろにした時の荷室・ラゲッジスペースの広さは、
このようになっています。

私の妻もこの状態の荷室・ラゲッジスペースの広さを見て、
「スーパーの買い物袋くらいしか、置けないね。」と、言ってました。

そのくらい後部座席を一番後ろにした時の荷室・ラゲッジスペースは、
狭くなっていました。

一方、新型イグニス(IGNIS)の後部座席を一番後ろまでスライドした時の荷室・
ラゲッジスペースの広さは、約430mm。

ハスラー(Hustler)の約1.5倍の広さがあります。
実際に新型イグニス(IGNIS)の後部座席を一番後ろにした時の広さは、
このようになっています。

圧倒的に広いですよね。

実際にこの荷室・ラゲッジスペースを見た感じでは、日帰り旅行用の
ボストンバックや小型スーツケースくらいならラクラク詰めそうな感じがしました。

この後部座席を一番後ろまでした時の荷室・ラゲッジスペースの広さは
新型イグニス(IGNIS)の方が圧倒的に良いように感じました。

<次のページに続く>
次ページ
ハスラーの荷室の方が広く感じる!?

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ