収納スペースは少なめ!?スズキ バレーノの内装インプレッション

バレーノ(BALENO)は車高は低いものの全長や全幅は同じスズキから発売されているコンパクトカー”スイフト”よりも一回り大きくなっており、室内は広くてゆとりのあるサイズ。ただ、私が見たのは下位グレードの”XGグレード”と言うこともあり、内装・インテリアのデザインは比較的シンプル・・・。また収納スペースも必要最小限しか用意されていない印象を持ちました。そんなスズキ バレーノ(BALENO)の車内に用意されている収納スペースを紹介したいと思います。

2016/7/28

Chapter
バレーノの収納スペース:フロントシート編
収納スペース1:インパネロアポケット
収納スペース2:センターコンソールトレー
収納スペース3:浅型センターコンソールトレー
収納スペース4:グローブボックス
収納スペース5:ドア内側パネル
バレーノの収納スペース:後部座席編
収納スペース1:リヤバックポケット
収納スペース2:ドア内側パネル
スズキ バレーノ 2016

バレーノの収納スペース:フロントシート編

スズキ バレーノ(BALENO)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

スズキ バレーノ 2016

そして、こちらはセンターコンソールのデザイン。

スズキ バレーノ 2016

バレーノ(BALENO)のセンターコンソールにはそれなりの収納スペースが用意されていますが、インパネは少なめ・・・。また、使い勝手も新型イグニスに劣るような感じもしました。

収納スペース1:インパネロアポケット

バレーノ(BALENO)の運転席の右側、エンジンスタータースイッチのスグ下にあるのが、ちょっと小さめの収納スペース”インパネロアポケット”。

スズキ バレーノ 2016

サイズはそれ程大きくないのですが、奥行きは十分。

スズキ バレーノ 2016

クルマのカギや小銭入れ・小さめのポーチなどを置いておくのには良いのかなとっと思いました。また、バレーノ(BALENO)には、インパネロアポケットのようなポケット型の収納スペースが他には用意されていないので意外と重宝するのかなっと思いました。

収納スペース2:センターコンソールトレー

また、スズキ バレーノ(BALENO)で一番使い勝手が良さそうな収納スペースが、センターコンソールの最先端、ドリンクホルダーの前方に用意されている収納スペース”センターコンソールトレー”。

スズキ バレーノ 2016

このように見ると、ちょっと浅めのような感じがしますが、実際はかなり深くて使い勝手もかなり良さそうです。

スズキ バレーノ 2016

私の持っているiPhoneを置くとこのような感じ。

スズキ バレーノ 2016

この収納スペースの上部にはアウトレットソケットも装備されているので、このようにスマホやiPhoneを置いておくのには、とても良いのかなと思いました。また、サイズも十分に大きいのでポーチなどを置いておくのにもとても良いのかなと思いました。

収納スペース3:浅型センターコンソールトレー

また、バレーノ(BALENO)には手動式のサイドブレーキ下にも浅めのセンターコンソールトレーを装備。

スズキ バレーノ 2016

一見広くて使いやすそうですよね。ただ、運転中はサイドブレーキが下がっているため、使い勝手はそれ程良くない印象が・・・。

スズキ バレーノ 2016

ただ、コインパーキングやショッピングモールの駐車券などクルマを停車中に荷物を気軽においておくのには、ピッタリなのかなと思いました。また、このバレーノ(BALENO)の浅型センターコンソールトレーは、運転席から手が届きやすい位置に設置されているので、ガムやアメなど運転中にサッと手に取りたいものを置いておくのに向いているのかな思いました。

収納スペース4:グローブボックス

スズキ バレーノ(BALENO)は他のクルマと同様にグローブボックスを装備しています。

スズキ バレーノ 2016

そして、グローブボックスを開けると、このような感じ。

スズキ バレーノ 2016

コンパクトカーとしては、標準的なサイズ。このバレーノのグローブボックスに車検証を入れてもこれだけの余裕が・・・

スズキ バレーノ 2016

これなら地図や旅行雑誌などを置いておく事ができますよね。この収納力の多さは個人的には、大満足でした。

バレーノのグローブボックスの使い勝手は、イグニスに劣る

ちなみに、イグニス(IGNIS)のグローブボックスは、このようになっています。

スズキ バレーノ 2016
スズキ バレーノ 2016

サイズ的にはほぼ同じなのですが、新型イグニスのグローブボックスは上下2段に分かれており、バレーノ(BALENO)のものよりも使い勝手が上。このように車検証を上段に置くと、グローブボックスには広々としたスペースが生まれます。

スズキ バレーノ 2016

明らかにバレーノのグローブボックスよりもイグニスの方が使い勝手が良さそうですよね。バレーノとイグニス(IGNIS)はセンターコンソールのデザインなど共通点が多かったので、グローブボックスも似ているかも!?と、私は少し期待していました。しかし、残念ながらグローブボックスのデザインに関しては、まったくの別物。バレーノ(BALENO)のグローブボックスのサイズ・容量が悪いわけではありませんが、イグニス(IGNIS)と比べると少し残念に感じてしまいました。

収納スペース5:ドア内側パネル

また、バレーノ(BALENO)のフロントシートのドア内側パネルにも収納スペースが用意されています。バレーノ(BALENO)のフロントドアは、このようになっています。

スズキ バレーノ 2016

そして、ドア内側アームレスト付近にはこのように小型ボックスを装備。

スズキ バレーノ 2016

ボックスのサイズは小さいので多くのアイテムを積む事はできませんが、クルマのカギやガム等を置いておくのには良いのかなと思いました。また、ドアパネルの下部にはペットボトル用のドリンクホルダーと地図や雑誌などを置ける幅の広いポケットを装備。

スズキ バレーノ 2016

ドリンクホルダー部分にも繋がっているので、A4の大きなサイズの雑誌もスッポリと置けるように工夫されているのは好印象でした。

バレーノの収納スペース:後部座席編

また、バレーノ(BALENO)の後部座席まわりの収納スペースも少なめ。

スズキ バレーノ 2016

フロントシートと同様に必要最小限のスペースしか無いように感じました。そんなバレーノ(BALENO)の後部座席の収納スペーシュを紹介します。

収納スペース1:リヤバックポケット

スズキ バレーノ(BALENO)の助手席側のシートの裏側には、このようにシートバックポケットが装備されています。

スズキ バレーノ 2016

地図や旅行に行く際の雑誌などを置いておくのには、便利ですよね。ただ、今回新発売されたバレーノ(BALENO)のシートバックポケットは助手席側のみ。運転席側には装備されていないので、ご注意を・・・。個人的には運転席側にもシートバックポケットがあっても良かったのかなと、思いました。

収納スペース2:ドア内側パネル

また、フロントシートと同様に後部座席のドア内側パネルにも収納スペースが装備されています。ただ、若干フロントシートとデザインが異なります。こちらがバレーノ(BALENO)の後部座席のドア内側パネル。

スズキ バレーノ 2016

そして、こちらがフロントシート用。

スズキ バレーノ 2016

アームレスト付近に小型ポケットが装備されているのは、フロントシートも後部座席も同様。

スズキ バレーノ 2016

しかし、デザインが異なるのはドリンクホルダー部分。バレーノ(BALENO)の後部座席のドア内側パネルは、ペットボトル用のドリンクホルダーのみ装備されており、フロントシートにあったような雑誌などが置ける幅が広いポケットは用意されていませんでした。

スズキ バレーノ 2016

また、個人的にはドリンクホルダーが斜めになっているのも若干気になりました。ちなみに、バレーノ(BALENO)のセンターコンソール後方には後部座席用のドリンクホルダーが一つ装備されています。

スズキ バレーノ 2016

バレーノ(BALENO)の後部座席は収納スペースが少ないので、ドリンク置くだけでは無く、スマホを置くなど様々な用途で使うのが良いのかなと思いました。

スズキ バレーノ 2016

バレーノ(BALENO)の収納スペースは、このようになっていました。私が見た限りでは、他のコンパクトカーと比べて収納スペースは少なめ。このクルマをファミリーカーとして使用するには、少し収納スペースは物足りないのかなと思いました。ただ、バレーノの上位モデル”XTグレード”のセットオプション装備モデルでは、今回私が見た”XGグレード”には装備されていなかった収納スペースが装備されます。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報