バレーノ、スイフト…スズキのベストコンパクトカーはどっち?

スズキ バレーノ

スズキの普通車ラインナップの主力車種であるスイフトと、新しく日本市場に投入されたバレーノは、同じメーカーのコンパクトカーであるのにもかかわらず、まったく異なるコンセプトを持った車種です。そこで今回、どちらがスズキのベストコンパクトカーなのか、比較してみました。

Chapter
スイフトの後継車として誕生「バレーノ」
スズキと言えば「スイフト」
コンパクトサイズでも快適な室内と十分な荷室スペース
コンパクトカーにとって重要なのはやっぱり経済性
「デュアルジェットエンジン」と「ブースタージェットエンジン」
スズキのコンパクトカーとしてベストなのは?

スイフトの後継車として誕生「バレーノ」

軽自動車がない世界市場に於いて、スズキは「コンパクトカー」というジャンルで勝負しています。すでにスイフトが世界中で出回っていましたが、スズキは究極の小型車を目指し、スイフトの後継モデルとしてバレーノを生産しました。

バレーノは、流麗でエレガントなスタイリングに、ゆとりある居住空間と十分な荷室スペースを備えたパッケージングを採用した5ドアハッチバックです。

パワートレインは、高出力と燃費性能を両立する新開発1.0L直噴ターボのブースタージェットエンジンと6速ATの組み合わせ、1.2L自然吸気のデュアルジェットエンジンとCVTの組み合わせの2種類。また、軽量で高剛性の新開発プラットフォームを採用し、しなやかで快適な乗り心地を追求した足回りとあわせて、高い走行性能と優れた燃費性能を実現しています。

スズキと言えば「スイフト」

スイフトは高い走行性能と個性的でスポーティーなデザイン、取り回しの良さを持つコンパクトサイズのハッチバック。「車の基本性能がとても高い」と、特に欧州から高評価を得ています。

1.6Lエンジンを搭載した「スイフトスポーツ」、上級装備の「スタイル」もラインナップしており、エンジンを「デュアルジェットエンジン」に置換えたことで燃費が向上。スズキの普通車販売における主力車種となっています。

<次のページに続く>
次ページ
コンパクトサイズでも快適な室内と十分な荷室スペース