バレーノのシートについて。XTとXGの違いや座り心地を徹底レビュー

スズキ バレーノ 2016

インドからの逆輸入車、バレーノ(BALENO)から1.0ターボエンジンを搭載した最上位グレードXTグレードが新発売されましたね。

先日、このスズキ初となる1.0リットルターボエンジンを搭載したXTグレードを試乗したのですが、乗り心地やパワーは予想以上!1.0リットルとは思えない乗り味でとても快適でした。

また試乗して印象的だったのが、バレーノ(BALENO)のシート。

今回私が試乗したバレーノのXTグレードのセットオプション装備車は、XGグレードと異なる本革シートを採用。そのため車内の雰囲気や座り心地が全く異なって感じました。

XGとXTグレードでは、シートデザインや素材にどのような違いがあるのか?また、座り心地はどのような感じか?

スズキから発売されたバレーノ(BALENO)のシートについて、徹底的にレビューしていきたいと思います。

2016/5/23

Chapter
バレーノのシート画像レビュー:デザインの違いを比較
その1:バレーノXTのシートの特徴とは?
バレーノXTグレードの本革シートの座り心地は?
その2:バレーノXGのシートの特徴とは?

バレーノのシート画像レビュー:デザインの違いを比較

今回日本で発売されたバレーノ(BALENO)のXTとXGグレードのシートは、それぞれこのようになっています。

バレーノXTグレードのシート

バレーノXGグレードのシート

このように2台のグレードを見比べてみると、シートの素材やカラーが異なるため車内の雰囲気の違いが明らかですよね。

実際に2台のモデルを乗り比べてみると、本革シートを採用しているXTグレードの方が高級感のあるデザインになっているように感じました。

また、個人的にはバレーノ(BALENO)のXTグレードの方が車内が引き締まった雰囲気になっているように感じました。

このように見た目も異なる2台のモデルですが、デザインや素材などそれぞれのシートの特徴を細かく確認していきたいと思います。

※XTグレードは標準モデルとセットオプション装備車の2つが用意されていますが、本革シートを採用しているセットオプション車を中心にお話を進めていきます。予めご了承ください。

その1:バレーノXTのシートの特徴とは?

今回遅れて登場したバレーノ(BALENO)の最上位モデル”XTグレード”のセットオプション装備車のシートは、このようなデザインになっています。

バレーノXTグレードのシート

・フロントシート

・後部座席

今回バレーノ(BALENO)のXTグレードではブラックの本革レザーを採用。

そのため高級感・上質感のある内装・インテリアになっているように感じました。

またシートがブラック一色になっているため、より引き締まった車内になっているように感じました。

このように見ると、1.0リットルカテゴリーのクルマとは思えないほどの高級感がありますよね。

また、実際にこのバレーノ(BALENO)の本革シートのシート自体も特徴的。

このように近くで見ると分かると思いますが、サイドサポート部分などにポツポツとした穴が空いており、予想以上にスポーティーな雰囲気のあるシートデザインになっているなと印象を持ちました。

このXTグレードのシートはサイドサポートもシッカリとしており、また、ステッチのも印象的。はなかなか良いデザインだなと思いました。

ちなみに、バレーノのXTグレードのセットオプションが装備されていないモデルのシートは、XGと同じデザインになるのでご注意を。

<次のページに続く>
次ページ
バレーノXTグレードの本革シートの座り心地は?