ヴェゼルRS荷室画像レビュー。他のグレードと異なるカラーにも注目

先日、近所のディーラーにこのヴェゼルRS(VEZEL RS)が届いたと言う事で、早速試乗をしてきました。今回初めてこのRSを試乗したのですが、乗り心地はハイブリッドZと比べて引き締まった印象が・・・。また、試乗した際にヴェゼルRS(VEZEL RS)の荷室・ラゲッジスペースも確認させて貰ったのですが、ハイブリッドZなど他のグレードと若干違いが・・・。そんなヴェゼルRS(VEZEL RS)の荷室・ラゲッジルームを徹底的にレビューします。

2016/7/28

Chapter
ヴェゼルRS荷室レビュー1:開口部編
荷室のカラーが他のグレードと異なる
ヴェゼルRS荷室レビュー2:後部座席を使用時の様子
ヴェゼルRS荷室レビュー3:後部座席を格納時の様子
スズキ  バレーノ 2016

ヴェゼルRS荷室レビュー1:開口部編

ヴェゼルRS(VEZEL RS)のリヤ(後ろ)からのデザインは、このようになっています。

スズキ  バレーノ 2016

今回このRSのラゲッジゲートを開けた時の開口部はこのような感じ。

スズキ  バレーノ 2016

荷室のカラーが他のグレードと異なる

今回新発売されたヴェゼルRS(VEZEL RS)の荷室開口部はかなり広め。

最近、街中でも運転しやすいSUVが人気ですが、ホンダ ヴェゼル/べゼルは
街乗り目的の中型クラスのSUVの中でも特に開口部が広いように感じました。

荷室のカラーが他のグレードと異なる

また、ヴェゼルRS(VEZEL RS)で注目なのは荷室のカラー。このRSの荷室・ラゲッジスペースは内装・インパネやルーフのカラーに合わせて壁面などはブラックカラーに・・・。

スズキ  バレーノ 2016

ちなみに、こちらはハイブリッドZの荷室・ラゲッジスペースの壁面上部はこのようにライトベージュカラーを採用。

スズキ  バレーノ 2016

開口部の壁面の上部のカラーが異なりますよね。このカラーの違いのおかげでヴェゼルRSとハイブリッドZでは、荷室・ラゲッジスペースの雰囲気が全く異なってみえました。また、このRSはピラー部分がブラックになっているため、少し荷室やラゲッジが小さく感じましたが、スタイリッシュな雰囲気のあるこのクルマにマッチしていてとても好印象でした。

地面から荷室フロアまでの高さが低いのが好印象

また今回久しぶりにヴェゼル/べゼル(VEZEL)を見て改めて良いと思ったのは、地面から荷室フロアまでの高さ(開口高)が低いということ。

スズキ  バレーノ 2016

RSでもこの低い荷室開口高は引き継がれており、630mmと競合車・ライバル車に比べてかなり低め。ちなみに、こちらはヴェゼル/べゼル(VEZEL)の競合車でもあるマツダのCX-3の荷室開口部。

スズキ  バレーノ 2016

マツダCX-3と比べると地面から荷室フロアまでの高さ、また、荷室開口部の広さが全く異なりますよね。走りの性能だけでは無く、この使い勝手が良い荷室・ラゲッジスペースもヴェゼルRS(VEZEL RS)の魅力の一つなのかなと思いました。

ヴェゼルRS荷室レビュー2:後部座席を使用時の様子

そして、後部座席を使用した時のヴェゼルRSの荷室・ラゲッジスペースはこのようなデザインになっていました。

スズキ  バレーノ 2016

また、このヴェゼルRS(VEZEL RS)の荷室・ラゲッジスペースのフロアに採用されている素材は、ブラックのファブリック素材。

スズキ  バレーノ 2016

なので、スタイリッシュな内装のRSでも違和感が全くありませんでした。

ヴェゼルRSの荷室の魅力の一つは広さ

また、ヴェゼルRS(VEZEL RS)の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つは、広さ。このRSの荷室・ラゲッジスペースのサイズはハイブリッドZなど他のグレードと同じになっているのですが、改めて見るとかなり広い。

スズキ  バレーノ 2016

ディーラーさんに確認したところ、後部座席を使用した状態での荷室・ラゲッジスペースの奥行きは800mm。1週間程度の海外旅行に使う中型サイズのスーツケースでもスッポリと収まるサイズになっており、使い勝手もとても良さそうな印象を持ちました。ヴェゼルRSは、街中をスタイリッシュに走りぬけるスタイリッシュSUVと言うのがコンセプトになっていますが、これならキャンプやバーべキューなどにも十分活用できるのかなと思いました。

また、ヴェゼルRSはトノカバーが装備されていないので、背の高い荷物を積むのにも良いのかなと思いました。

ヴェゼルRS荷室レビュー3:後部座席を格納時の様子

また、ヴェゼルRSの荷室・ラゲッジスペースも競合車・ライバル車と同様に後部座席を格納してより広い荷室・ラゲッジスペースを作る事が可能です。ヴェゼルRS(VEZEL RS)の肩口にあるレバーを操作して後部座席を倒すとこのような感じ。

スズキ  バレーノ 2016

かなり広くなりますよね。また、ヴェゼルRS(VEZEL RS)の荷室・ラゲッジルームでよいと思ったのは、後部座席の背もたれ部分で段差が出来ずに、ほぼフルフラットになる事。

スズキ  バレーノ 2016
スズキ  バレーノ 2016

これなら荷物の積み下ろしも楽そうですよね。

また、後部座席を格納した時のヴェゼルRSの奥行きは1730mmとなっており、この状態での広さも十分。なので、このヴェゼル(VEZEL)で車中泊する人も大勢いるみたいですよ。

唯一不便なのは後部座席を格納する時の操作

このように使い勝手が良いヴェゼルRS(VEZEL RS)ですが、実際に使用してみて少し残念だったのは、後部座席を格納する時の操作。

このヴェゼルRSはこのクラスのSUVの中でも特に広い荷室・ラゲッジスペースになっているので、荷室から後部座席の背もたれに装備されているレバーがちょっと遠い・・・。

スズキ  バレーノ 2016

なので、後部座席の格納操作が少しやりにくい感じがしました。身長が175cmの私が思いっきり手を伸ばしてようやくレバーに手が届く感じ。身長が低い私の妻ではレバーまで手が届かず荷室フロアに入って、この格納レバーを操作をする感じ・・・。

個人的には格納レバーは背もたれ部分ではなく、トヨタのステーションワゴンカローラーフィールダーのように荷室・ラゲッジスペースの壁面に装備してもらいたかったです。ヴェゼルRS(VEZEL RS)の広い荷室・ラゲッジスペースは好印象ですが、この格納時の操作性だけは唯一欠点に感じました。

スズキ  バレーノ 2016

ヴェゼルRS(VEZEL RS)の荷室・ラゲッジルームは、このようなデザインになっていました。このRSの荷室・ラゲッジスペースは、ハイブリッドZなど他のグレードと異なり内装やルーフのカラーにマッチしたブラックカラーになっているのは、好印象でした。他のモデルと雰囲気の異なるヴェゼルRSの荷室・ラゲッジスペースも要注目だと思いました。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報