スズキ 初代バレーノ(BALENO)XTを試乗して気になった3つの欠点とは?

スズキ  バレーノ 2016

今回は、スズキ 初代バレーノXT(CBA-WB42S)を試乗して気になった3つの欠点を紹介します。

インドで生産されているスズキの5ドアハッチバックであるバレーノからモデルとして1.0L エンジンを搭載したXT。先日、初めて1.0Lターボエンジンを搭載したこのモデルを試乗させてもらったのですが、1.0Lエンジンとは思えない乗り心地やパワーは確かに良かったです。

ただ、初代バレーノXTを試乗していて残念に感じた部分・欠点だなと思った部分も…私が実際にこのモデルを試乗して気になった3つの欠点・不満を包み隠さずに紹介したいと思います。

Chapter
スズキ 初代バレーノXTってどんなクルマ?
スズキ 初代バレーノXTのスペックは?
スズキ 初代バレーノXTの欠点1:アイドリングストップ
スズキ 初代バレーノXTの欠点2:運転中に感じる小刻みな揺れ
スズキ 初代バレーノXTの欠点3:ハンドルの操作感

スズキ 初代バレーノXTってどんなクルマ?

スズキ バレーノは、マルチ・スズキ・インディア社がインドで生産しているコンパクトカーです。2015年10月の発表以降、インドでの販売台数は65万台を超える人気で、日本では2016年3月から販売されています。

同社はインドに拠点を置くスズキの子会社なので、日本へはいわゆる逆輸入だと言えます。本国インドではスズキのブランドNEXA(ネクサ)で販売されている、ワンランク上の高級車として販売しています。 

車両寸法は、全長3,995mm×全幅1,745mm×全高1,470mmとなっています。面白いのは全幅。インドの規格で考えられているためコンパクトカーにしては珍しく1.7mを超えています。車内空間の確保だけでなくロール(左右の回転)方向の安定性が増した等の点で優位に立つことができます。

グレードは、今回試乗したXTグレード(CBA-WB42S)と、排気量1.2LのXSグレード(DBA-WB32S)が設定されています。また2016年12月に生産終了しましたが、下位モデルとしてXGというグレードもありました。

スズキ 初代バレーノXTのスペックは?

続いて、XTグレードの主要なスペックを見ていきましょう。エンジンは1.0Lのダウンサイジングターボ。最高出力が75kW(102PS)/5,500rpm、最大トルクが150Nm(15.3kgm)/1,700〜4,500rpm。燃料消費率(JC08モード)は19.6km/Lとなっています。

コンパクトカーの中ではかなりパワーがある一方、燃費は低燃費車が主流の今、少し遅れ気味に見えてしまいます。また、もう一つのグレードであるXSグレードのスペックも見てみましょう。

こちらは1.2Lのノンターボエンジン。最高出力が67kW(91PS)/6,000rpm、最大トルクが118Nm(12.0kgm)/4,400rpm。燃料消費率(JC08モード)は24.6km/Lとなっています。パワーを抑えた代わりに燃費が向上しています。XTに比べると控えめなパワーも日常生活では特に不足の無い値だと言えるでしょう。

新車価格は税抜きで、XTグレードが176万円、XSグレードが157万円となっています。その他の違いはトランスミッションがXTグレードの6ATに対し、XSグレードはCVTを採用しており、車重が40kg軽い点です。パワフルな走りならXTグレード、エコな走りならXSグレードというようにしっかりと差別化が見られます。

<次のページに続く>
次ページ
スズキ 初代バレーノXTの欠点1:アイドリングストップ