視界性は競合車に劣るのが欠点!?ヴェゼルRS試乗インプレッション

ホンダ ヴェゼル

ヴェゼルRS(VEZEL RS)を私も先日試乗をしてきたのですが、剛性感もアップしてなかなか良い乗り心地になっているように感じました。ハイブリッドZなどと比べて引き締まったRSの乗り心地は良かったのですが、試乗した際に少し気になったのは視界性。以前初期モデルのヴェゼル/べゼル(VEZEL)を試乗した時も感じていたのですが、今回RSを試乗した時も視界の悪さが少し気になりました。もちろん良い部分もあったのですが・・・私が実際にヴェゼルRS(VEZEL RS)を試乗して感じた視界性の良さや気になったに事・欠点不満についてお話したいと思います。

2016/7/28

Chapter
ヴェゼルRSの視認性1:前方の視界は良好
ヴェゼルの見切りはそれ程良くない
ヴェゼルRSの視認性2:斜め前方の視界は死角が多い!?
ヴェゼルRSの視認性3:後方の視界もイマイチ!?
後部座席をチップアップすると死角が増える

ヴェゼルRSの視認性1:前方の視界は良好

ヴェゼルRS(VEZEL RS)を試乗するために運転席に乗り込んでみてまず気が付いたのは、SUVらしい着座位置とアイポイントの高さ。

このクルマはSUVらしく運転席が高くなっているので、とっても快適。また、この通りフロントガラスも広くなっているので、遠くまでしっかりと見渡せるのも好印象でした。

試乗中にディーラーさんに教えて貰ったのですが、ヴェゼルRSの運転席のヒップポイント(着座位置)は約620mmとなており、このクルマのベースになっているホンダのコンパクトカー”フィット3(FIT3)”よりも60mmほど高く設定されているようです。

この60mmの高さの違いは、ヴェゼルRS(VEZEL RS)の運転席に座ってみるとスグに実感する事が可能です。

運転席の位置が極端に高いわけではないので他のクルマを見下ろす感じではないのですが、視界の良さを確保しているのでとても運転がしやすかったです。また、私はベゼルRSを試乗中に大型トラックに前後挟まれたのですが、着座位置が高かったため圧迫感を予想以上に感じないのも好印象でした。個人的には視認性の良さもありながら、フワフワとした腰高感を感じさせないちょうど良い絶妙のバランスになっているのかなと試乗をしながら思いました。

ヴェゼルの見切りはそれ程良くない

ヴェゼルRS(VEZEL RS)は着座位置も高く、フロントガラスも大きいので、遠くから見渡せる視界の良さは魅力の一つですが、見切りはそれ程良くないように感じました。ヴェゼルRS(VEZEL RS)は、クーペとSUVを融合したような伸びやかなデザインになっております。また、フロントガラスも他のSUVのクルマよりも傾斜しています。

このようなデザインも影響して、身長が175cmの私が背をピーーンと伸ばして、ようやくヴェゼルRS(VEZEL RS)の運転席からボンネットを半分ちょっと把握できるくらい・・・。

このクルマの競合車でもある日産ジューク(JUKE)と比べると見切りは、それほど良くないように感じました。

最近のクルマはボンネットの先端が見えないクルマが多くなっているので致命的な欠点・デメリットと言うわけではありませんが、慣れるまでは狭い道路の運転は少し注意が必要なのかなと思いました。もしこれからヴェゼルRS(VEZEL RS)を試乗する際は、前方の見切りの良し悪しもしっかりと確認してみてくださいね。

<次のページに続く>
次ページ
ヴェゼルRSの視認性2:斜め前方の視界は死角が多い!?