3つの内装の違いとは!?プリウスAグレードとAツーリングセレクション

トヨタ プリウス 2016

そして、走りの楽しさにこだわるツーリングセレクション系のモデルでは専用のリヤバンパーを装備したり、また、17インチのタイヤが装備されます。また、このようなエクステリアの違いだけでは無く、プリウス(Prius)のAグレードとAツーリングセレクションでは内装・インテリアも異なります。そんなプリウス(Prius)のAグレードとAツーリングセレクションの3つの内装を違いを画像付きで紹介していきます。

※ 今回の内装の違いは、SグレードとSツーリングセレクションも同様です。なので、AグレードとAツーリングセレクションをSグレード・Sツーリングセレクションと置き換えて、読んで頂ければと思います。

Chapter
違い1:シートヒーター(運転席/助手席)
違い2:送風口のデザイン
違い3:シートのデザイン

違い1:シートヒーター(運転席/助手席)

プリウス(Prius)のAツーリングセレクションでは、運転席と助手席のシートヒーターが標準装備されるようです。(正式名称は、呼びます。)

シートヒーターが標準装備されると真冬の寒い時に大助かりですよね。最近、シートヒーターが登載されているクルマは多くなってきていますが、プリウスのシートヒーターは、より快適になるように新しい機能が追加されているようです。

従来のシートヒーラーはシート全体に均一の温度だったのに対し、プリウス(Prius)に登載されるシートヒーターは、背もたれや座面の箇所に応じて温度設定を変えているようです。

具体的には、肩や腰などカラダの冷えやすい部分は他の箇所より温度が高めに設定しており、より快適に過せるように工夫されているみたいです。実際のこの効果は高く、トヨタの実験によると、このプリウス(Prius)に登載されたシートヒーターの方が長時間温かさを実感できるようですよ。また、従来のシートヒーターよりも暖かさの持続時間が長くなっているとの事。冷え性の人は特に助かりそうですよね。ちなみに、このプリウス(Prius)のAツーリングセレクションに設定されているシートヒーター(快適温熱シート)は、メーカーオプションの用意はありません。

なので、Aグレードに装備する事はできないので、ご注意を・・・。シートヒーターなど機能面のことを考慮してツーリングセレクションを選んでも良いかもしれませんね。

違い2:送風口のデザイン

これは下位グレードのSグレードとSツーリングセレクションの違いになってしまうのですが、この2つのモデルではフロントシートの両サイドにある送風口(吹き出し口)のデザインが異なります。

標準モデルではブラックメタリックカラーの送風口になっているのに対し、ツーリングセレクションでは、アクセントカラー&シルバーベゼルが装備された高級感のあるデザインに変更されます。そして、このプリウス(Prius)のツーリングセレクションの送風口のアクセントカラーは、選択する内装色によって異なります。ホワイトっぽい明るいクールグレーを選択すると、このように送風口のアクセントカラーは、ターコイズになります。

一方引き締まったブラックの内装色を選択すると、このように送風口のカラーは、ミッドブルーとなります。

また、この画像を見ると分かりますが、プリウス(Prius)のツーリングセレクションでは、シルバーのベゼルが追加され、高級感のあるデザインとなります。

ちなみに、プリウス(Prius)の上位グレードのAグレードでは、この送風口のアクセントカラー&シルバーベゼルが標準装備となるため、違いはありません。個人的にはツーリングセレクション専用のカラーを追加しても面白かったのかなと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
違い3:シートのデザイン