【画像大量】プリウスのモデリスタを発見。実際に見た感想は?

トヨタの人気ハイブリッド車4代目プリウス(Prius)が2015年12月にフルモデルチェンジをして、発売されましたね。

プリウス(Prius)の純正オプションパーツのモデリスタもすでに発売されており、こちらもかなり人気になっている模様。

私もエアロパーツを装備したプリウス モデリスタに興味を持っていたのですが、東京オートサロンまで待たないと見ることはできないと思っていました。

しかし、なんと横浜にあるトヨタが運営しているショッピングモール“トレッサ横浜”で、なんとプリウスのモデリスタ(Prius Modellista)を発見!

実際に見てみると・・・フロントマスクに迫力があり超カッコいい!

そんなプリウスのモデリスタ(Prius Modellista)の写真をたくさん撮らせてもらったので、ここで一気に紹介したいと思います。また、実際にこのモデリスタをみた感想をお伝えします。

2015/12/28

Chapter
プリウス モデリスタ画像インプレッション

プリウス モデリスタ画像インプレッション

前から:ギラギラしたワイルドなプリウス!?

トヨタ プリウス 2015

今回フルモデルチェンジをしたプリウス(Prius)に純正のエアロパーツモデリスタ(Modellista)を装備したモデルを正面から見るとこのような感じになっています。

トヨタ プリウス 2015
トヨタ プリウス 2015

今回私が実際に見る事ができたのは、4代目となったプリウス(Prius)にモデリスタ エアロキットアップグレードスタイルを装備したモデル。

そして、こちらがベースになっているプリウス(Prius)のツーリングセレクション。

トヨタ プリウス 2015
トヨタ プリウス 2015

フロントマスクの押し出し感・迫力が異なりますよね。ベースとなっているモデルよりもギラギラした印象を持ちました。

また、今回フルモデルチェンジをして発売されたプリウス(Prius)のフロントマスクの特徴のひとつは鋭いヘッドライトですよね。

トヨタ プリウス 2015

実際に見てみると、このヘッドライトがかなりインパクトがあります。

しかしプリウスのモデリスタ(Prius Modellista)では、メッキ調のフロントグリルガーニッシュやフロントスポイラーの方がインパクトが強く、特徴的なヘッドライトの印象が薄まったように感じました。

トヨタ プリウス 2015

また、車高が低くなったプリウス(Prius)がさらに低重心化した印象を持ちました。

横から:専用デザインのホイールがスゴイ!

またプリウスのモデリスタ(Prius Modellista)を横から見ると、このようになっています。

トヨタ プリウス 2015
トヨタ プリウス 2015

この横からのデザインでやはり目を引くのは、ホイールのデザインですよね。

今回モデリスタ(Modellista)のアップグレードスタイルでは、次の3種類のホイール&タイヤを用意しています。

・15インチ専用アルミホイール
・17インチ専用アルミホイール
・18インチ専用アルミホイール

そして、今回私が見たアルミホイールは、17インチ専用アルミホイール“MODELLISTA WingDancerⅧ”。

トヨタ プリウス 2015

大空へ羽ばたく鳥をイメージしたデザインになっているようですが、細めのスポークがカッコよかったです。

ちなみに、こちらがベースとなっているプリウス(Prius)のツーリングセレクションに装備されているホイール。

トヨタ プリウス 2015
トヨタ プリウス 2015

やはりワイルドさ&スタイリッシュさが異なりますよね。

プリウス(Prius)の雰囲気を変えたいのならこのホイールだけを変更するのも、一つの方法なのかなと思いました。

ドアノブもメッキ調でインパクトがアップ!

また、プリウスのモデリスタ(Prius Modellista)のサイドからのデザインで注目なのはドアノブ。

今回私が見たプリウスのモデリスタ(Prius Modellista)のドアノブはこのようにメッキ調のドアノブになっており、横からのデザインのインパクトがアップ。

トヨタ プリウス 2015

ちなみに、こちらがべースとなっているツーリングセレクションのドアノブの様子。

トヨタ プリウス 2015

このように見比べると、インパクトの違いが一目瞭然ですね。

今回実際に私が見たモデリスタのボディカラーはホワイトパールクリスタルシャインだったので見た目のインパクトは少なかったですが、アティチュードブラックマイカやグレーメタリックならより際立つのかなと思いました。

ちなみに、このプリウスのモデリスタ(Prius Modellista)に採用されていたメッキ調ドアハンドルはカンタンに着脱できる被せるタイプ。

また、指をかざすだけで自動的にドアをロックできるセンサーが適切に作動できるように、カバーしていない配慮も好印象でした。

トヨタ プリウス 2015

後ろから:バンパー部分がスタイリッシュに!?

また、プリウスのモデリスタ(Prius Modellista)を後ろから見るとこのようなデザインになっています。

トヨタ プリウス 2015

リヤスカートやバックドアガーニッシュのおかげで、後ろのデザインもインパクトがありますね。

また、マフラーカッターもスポーティーさを演出していて、とても良いデザインだと思いました。

トヨタ プリウス 2015

特に雰囲気が変わったと思ったのは、リヤバンパー部分のデザイン。

今回フルモデルチェンジをしたプリウス(Prius)では、このように黒っぽいリアバンパーが装備されています。

トヨタ プリウス 2015
トヨタ プリウス 2015

しかし、モデリスタ(Modellista)のリヤスカートを装備したモデルでは、ブラックアウト部分が少なくなり、スッキリとしたデザインに・・・。

トヨタ プリウス 2015
トヨタ プリウス 2015

よりスタイリッシュなデザインになった印象を持ちました。

プリウス(Prius)の標準モデルでは少しずんぐりむっくり感がありましたが、モデリスタ(Modellista)を装備することによって、クールな印象になったように感じました。

トヨタ プリウス 2015

今回プリウス(Prius)のエアロパール”モデリスタ(Modellista)”をはじめて見たのですが、かなり良かったです。

今回フルモデルチェンジをした4代目モデルのエクステリア・外見は、近未来的なスタイリッシュなデザインな印象を持ちました。

ただ、モデリスタ(Modellista)のパーツを装備することによって一気にワイルドでスポーティーな印象に・・・。

見た目にこだわりたい方や他の人と”かぶる”のが嫌な人は、プリウスのモデリスタ(Prius Modellista)を検討してみても良いかもしれませんね。

個人的にはとても良いデザインだと思いました。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報