上級感が格段にアップ!?バレーノXTグレードの内装画像レビュー

スズキの5ドアハッチバックの新型バレーノ(BALENO)の最上級モデル“XTグレード”。バレーノ(BALENO)のXTグレードはスズキ初となる1.0リットルターボエンジンが話題を集めていますが、実際にこのクルマを試乗してみて良いと思ったのは、内装・インテリアのデザイン。このクルマの下位モデルのXGグレードの内装はシンプルな雰囲気があったのですが、今回新発売されたXTグレードは内装・インテリアのデザインを一新!エレガントな雰囲気のあるバレーノ(BALENO)の外装・エクステリアにピッタリの上質感・高級感のあるデザインになっていました。そんなバレーノ(BALENO)のXTグレードの内装・インテリアの様子を写真・画像に収めてきたので、紹介したいと思います。

2016/7/28

Chapter
バレーノXTの内装レビュー1:インパネ画像
バレーノの一番の違いはエアコンのコントローラー
バレーノXTは収納力もアップ
バレーノXTの内装レビュー2:メーター画像
バレーノXTの内装レビュー3:シート画像
スズキ  バレーノ 2016

バレーノXTの内装レビュー1:インパネ画像

バレーノ(BALENO)のXTグレードのインパネは、このようなデザインになっています。

スズキ  バレーノ 2016

ちなみに、こちらは下位モデルのXGグレードの内装・インパネ。

スズキ  バレーノ 2016

この2つのモデルでは、インパネのデザインが全く異なりますよね。XTグレードの方が格段に上質感・高級感のあるデザインになっていました。

バレーノの一番の違いはエアコンのコントローラー

バレーノ(BALENO)のXTグレードの内装・インパネのデザインを見て私が一番違いを感じたのは、エアコンコントローラーのデザインと機能性。下位モデルのエアコンコントローラーはこのように液晶ディスプレイも装備されていないマニュアルエアコンが採用されていました。

スズキ  バレーノ 2016

一昔前のエアコンのようでデザイン性も乏しいですよね。しかし、バレーノ(BALENO)の最上位モデル“XTグレード”は、このように液晶ディスプレイ付きのフルオートエアコンを採用。

スズキ  バレーノ 2016
スズキ  バレーノ 2016

見た目のデザイン性も全く異なりますよね。またエアコンコントローラーの翼のようなデザインもインパクト十分!
このエアコンコントローラーが装備されているセンタークラスター部分のデザインが変更されただけで内装・インパネの印象がガラリと変わり上質感のあるデザインになった印象を受けました。

スズキ  バレーノ 2016

この操作感もデザイン性も良くなった新型バレーノ(BALENO)のXTグレードのエアコンのコントローラーは、XGとの大きな違いの一つだなと思いました。

バレーノXTは収納力もアップ

また、バレーノ(BALENO)のXTグレードは、フロントフォグランプやマルチインフォメーションが装備されるセットオプション装備車でした。そのため、私が見たバレーノ(BALENO)のXTグレードはセンターコンソールボックスやリヤのセンターコンソールトレーが装備され、収納スペースが格段にアップ!実際にこのXTグレードに装備されたセンターコンソールボックスやリヤのセンターコンソールトレーはこのような感じになっていました。

スズキ  バレーノ 2016
スズキ  バレーノ 2016

個人的にはセンターコンソールボックスはもう一回りサイズが大きいほうが好みでしたが、装備されてた事が一番重要!
もともとバレーノ(BALENO)は収納スペースが少ないクルマなので、収納スペースが増えたのは良いニュースなのかなと思いました。ちなみに、センターコンソールボックスやリヤセンターコンソールトレーが標準装備されるのは、セットオプション装備車のみ。XTグレード単体では装備されないので、注意してくださいね。

バレーノXTの内装レビュー2:メーター画像

また、バレーノ(BALENO)のXTグレードで注目なのは、メーターのデザイン。今回新しく登場したこのXTグレードのメーターは、このような感じ。

スズキ  バレーノ 2016
スズキ  バレーノ 2016

そして、こちらはXGグレードのメーター

スズキ  バレーノ 2016

スピードメーターやタコメーターなど基本的なデザインは、まったく一緒。ただ、今回登場したバレーノのXTグレードセットアップ装備車は、カラーマルチインフォメーションを標準装備。

スズキ  バレーノ 2016

しかも、バレーノのマルチインフォメーションディスプレイは、表示項目がかなり印象的。平均燃費など他のクルマに装備されている表示項目だけではなく、アクセル/ブレーキ操作表示やパワー/トルク表示など他のクルマでもめったに見ることができない表示項目を搭載。

スズキ  バレーノ 2016
スズキ  バレーノ 2016

このちょっと珍しいアクセル/ブレーキ操作表示やパワー/トルク表示は、運転中の自分のクセなどが分かって良さそうですよね。また、エンジンを立ち上げたときのマルチインフォメーションディスプレイに表示されるアニメーションもかなりオシャレ!

画面が大きくなっただけでは無く表示項目も一気に増えた新型バレーノのXTグレードのメーターは、大満足!特にカラーでキレイになったこのクルマのマルチインフォメーションディスプレイは、本当に良かったです。

このバレーノ(BALENO)に装備されているマルチインフォメーションディスプレイだけでも、このXTを選ぶ価値はあるのかなと思いました。そのくらいこのグレードのメーターは良かったです。

バレーノXTの内装レビュー3:シート画像

また、バレーノ(BALENO)のXTグレードのセットオプション装備車の注目ポイントの一つが、シートに使用されている素材やデザイン。先日発売されたバレーノ(BALENO)の廉価モデルのXGグレードでは、このようにファブリック素材のシートが採用されていました。

スズキ  バレーノ 2016

座り心地などが悪いわけではありませんが、一言で表すといたって普通。シートサイズも十分な大きさを備えており、座り心地は良いのですが、XGグレードはファブリック素材を使用していたので上質感や高級感をまったく感じないデザインになっていました。

しかし、バレーノの上位モデルXTグレードでは、高級感のあるブラックの本革シートを採用。

スズキ  バレーノ 2016

後部座席もこのようなデザイン。

スズキ  バレーノ 2016

XGグレーと比べると、高級感がありますよね。また、シートがブラック一色なので、XGグレードと比べると引き締まった内装・インテリアデザインになっているように感じました。

また、シート自体をじっくりと見ると、サイドの部分にポツポツと穴が開いており、スポーティーなデザインのシートになっているように思いました。

このようにスポーティーで引き締まった感じのシートデザインになっているにも関わらず、クッションが予想以上に柔らか事が個人的には少し気になりましたが、このシックな感じのシートデザインには大満足でした。

ちなみに、バレーノ(BALENO)の上位モデルのXTグレードでも後部座席アームレストは装備されていませんでした。

個人的にはこの点が残念でした。

スズキ  バレーノ 2016

バレーノXTグレードのセットオプション装備車の内装・インテリアはこのようなデザインになっていました。

インパネに装備されているエアコンのコントローラーのデザインや情報量が圧倒的に良くなったマルチインフォメーションディスプレイなどなど・・・

XTグレードの内装・インテリアは、一目見た瞬間にレベルの高さが分かるデザインになっていました。またこの新型バレーノ(BALENO)の売れ筋グレードは、XTグレードなんだなと言う事が一目見て分かりました。

以前見たバレーノ(BALENO)の下位モデルのXGグレードの内装では若干物足りなさを感じてしまいましたが、今回私が見せてもらったXTグレードは十分に満足できるデザイン・使い勝手になっていました。

今回見せてもらったバレーノXTグレードのセットオプション車の内装・インテリアのデザインや機能性には大満足。もしこのクルマを私が購入するのなら、間違いなくこのセットオプション車を選ぶのかなと思いました。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報