バレーノの試乗の感想。インドからの逆輸入車の加速力はどう?

このインドから逆輸入したクルマの実力が気になっていたので、早速近所のディーラーに行ってきました。今回私が試乗をしたのは注目の1.0リットルターボエンジンを搭載した上位モデル”XGグレード”ではなく、スイフトにも採用されているデュアルジェットエンジンを搭載した下位モデルの”XGグレード”。

インドからの逆輸入車ということで走破性や乗り心地など少し不安に思っていたのですが、実際に試乗をしてみると思ったよりも運転がしやすいクルマで好印象。特に良いと思ったのは気持ちよい加速力。私がこのクルマを実際に試乗して感じた乗り心地や加速力について率直な感想をお話したいと思います。またこの気持ちが良い加速力を生み出すバレーノの魅力・メリットについてもお話したいと思います。

2016/7/28

Chapter
バレーノの試乗の感想1:加速力は満足できるレベル
バレーノの軽快な加速力の秘密とは?
スズキ  バレーノ 2016

バレーノの試乗の感想1:加速力は満足できるレベル

バレーノ(BALENO)を試乗させてもらったのですが、運転をしてスグに感じたのは、加速力の良さ。アクセルの踏み込みに対しての反応がとっても素直で、アクセルペダルをググ~っと踏み込んでいくと、ちょっと軽めのエンジン音とともに気持ちよく
加速していきます

スズキ  バレーノ 2016

このバレーノの加速力・走り心地を一言で表すと、”軽快”!エンジンのチカラでグイグイと進んでいく感じではなく、スイスイ~ッと滑らかに前に進んでいく感じ。ちょっとアクセルフィーリングやハンドルは軽めの印象なのですが、アクセルを踏み込むととても軽快に加速していくので、とっても快適でした。

先日イグニスを試乗した時にも感じたのですが、この軽快な加速感をインドからの逆輸入車のバレーノ(BALENO)でも味わえて好印象でした。

スズキ イグニス

また。バレーノ(BALENO)は、スイフトよりも大きいクルマになっており、イグニスやソリオのようなマイルドハイブリッド車でもありません。私も試乗する前に加速力に不安を感じていたのですが、この不安は全く杞憂でした。

特に良いと思ったのは発進時の加速

このバレーノ(BALENO)を試乗していて、特に良いと思ったのは発進時の加速。バレーノ(BALENO)では、アイドリングストップが標準装備されていません。

スズキ  バレーノ 2016

燃費のことを考えるとこの新型モデルにアイドリングストップが装備されていない事はデメリットの一つですが、アイストが装備されていない分発進時の加速にタイムラグがなく飛び出していきます。通常アイドリングストップのクルマは、ブレーキペダルから足を離した瞬間にエンジンが作動するので、発進まで多少タイムラグがあるんですよね。

しかし、バレーノはアイドリングストップ(アイスト)を装備していないため、発進時のタイムラグはなし。信号が青に変わりアクセルを踏み込んだ瞬間に気持ちよくスッと前に飛び出していきます。アイドリングストップを装備していないクルマを久しぶりに運転したのですが、このタイムラグのない発進&加速はちょっと感動もの。思わずバレーノ(BALENO)のディーラーに同乗したディーラーさんに「アイストが無いと、やはり発進時のスムーズさが違いますね~」と、言っちゃいました。

燃費や環境性能のことを考えると、アイドリングストップ(アイスト)が装備されていない事はデメリットになりますが、アイストが無いほうが運転する楽しさはあるのかなと思いました。私の周りでも発進時のもっさり感が強くなるのでアイストを解除している人が何人かいるのですが、今回バレーノ(BALENO)を試乗してその人たちの気持ちが少し理解でしきました。

スズキ  バレーノ 2016

ちなみに、1.2リットルデュアルジェットエンジンを搭載したバレーノ(BALENO)のXGグレードの燃費は、24.8km/L。これはフィット3のガソリン車の売れ筋グレードの1.3G Fパッケージやマツダのデミオ(DEMIO)の13Sと全く同じ燃費。アイドリングストップが装備されていないバレーノ(BALENO)で、フィット3(FIT3)やデミオを同じ燃費性能になっているのは、スゴイなと少し関心をしました。

バレーノの軽快な加速力の秘密とは?

バレーノ(BALENO)の試乗では軽快でストレスフリーな加速力を楽しむ事ができたのですが、この軽快な走り心地の秘密はこのクルマのボディ構造。バレーノ(BALENO)は、高性能化と軽量化を追及したプラットフォームを採用。このプラットフォームの効果は絶大で車体重量がとっても軽い。

スズキ イグニス 2016
スズキ バレーノ

バレーノ(BALENO)と競合車を比べると、このような違いが・・・。

■バレーノと競合車の車体重量比較
バレーノ XGグレード
車体重量:910kg
フィット3 1.3G Fパッケージ
車体重量:1,020kg
デミオ 13S
車体重量:1,030kg
スイフト XS-DJE
車体重量:1,000kg

フィット3やスイフトなどこのクルマの競合車が1,000kg台なのに対して、バレーノ(BALENO)のみ900kg。いかにこのクルマのボディが軽いのかが分かりますよね。今回私だけでは無く妻もこのバレーノ(BALENO)を試乗したのですが、クルマに詳しくない私の妻でもボディの軽さに気が付くレベル。

バレーノ(BALENO)の軽快な加速力は、改めてこのこの軽量ボディのおかげなのだなと感じました。

スズキ イグニス 2016

今回インドからの逆輸入車のバレーノ(BALENO)を初めて試乗したのですが、軽快な走り・加速力はとても魅力的でした。また、スイフトのようなキビキビとした走りとは異なりますが、ボディの軽さを活かしたスムーズでエレガントな走りは好印象でした。バレーノ(BALENO)はインパネのデザインが少し質素などの欠点・デメリットはありますが、走破性・加速力については他のクルマに劣っている印象はありませんでした。走り心地・加速力はとっても良かったですが、この時代遅れなマニュアルエアコンは少し残念でした・・・。もう少し内装・インテリア質感を良くすれば、売れるのかな~っと思いました。

 

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報