乗り心地&騒音対策は期待以上!?インド逆輸入車バレーノの試乗インプレ

バレーノ(BALENO)は、スズキ初となるインドからの逆輸入車。私が試乗する前から気になっていたのは、加速力や乗り心地。競合車となる日本のコンパクトカーと比べて、インドから来た逆輸入車の乗り心地はどうなのか?試乗する前から興味津々でした。また、コンパクトカー”スイフト(SWIFT)”とバレーノ(BALENO)の乗り心地や静寂性の違いについても気になっていました。そんなバレーノ(BALENO)を先日試乗をしてきたので、私が気になっていた乗り心地や静寂性について紹介したいと思います。

2016/7/28

Chapter
バレーノの試乗インプレ1:乗り心地はどうだった?
バレーノの試乗インプレ2:静寂性は思ったよりも良い!?
スズキ  バレーノ 2016

バレーノの試乗インプレ1:乗り心地はどうだった?

バレーノ(BALENO)の下位モデル”XGグレード”を25分~30分ていど試乗させて貰ったのですが、正直に言って乗り心地はかなり良好。日本のコンパクトカー比べて、全く遜色のないレベルになっていました。

スズキ  バレーノ 2016

また、今回試乗したコースが郊外の広い道路で比較的アスファルトが整備されたキレイな道だった事を考慮しても、とても満足できる乗り心地になっているように感じました。

バレーノの乗り心地は硬めor柔らかめ?

バレーノ(BALENO)の実際の乗り心地は柔らかくてしなやかな感じ。また、足回りが柔らかいのにも関わらず、実際に運転をしていてそれ程ふわふわしているような感じがしないのも好印象でした。私が試乗したコチラの試乗車にも”磨かれた大人たちの、磨かれたコンパクト”と書かれていますが、まさに大人の人が好みそうな乗り味。

スズキ  バレーノ 2016

実際に運転をしてみると、タイヤがしっかりと地面をグリップしている感じではなく、地面を舐めるようにスイスイと滑らかに進んでいく感じは好印象でした。運転をしていて足回りの硬さを全く感じさせない滑らかな乗り心地になっているので、バレーノ(BALENO)は女性でも運転しやすいクルマになっているのかなと感じました。

実際柔らかめの乗り心地が好みの私の妻は、「タイヤのゴツゴツした感じが無いから、とっても快適♪」と、大満足でしたし・・・。子供がクルマ酔いしにくい乗り心地になっていると思うので、近所の買い物や子供の送迎など普段使い目的ならとても良いクルマなのかなと思いました。

スイフトと乗り心地は全く異なる!?

バレーノ(BALENO)の下位モデル”XGグレード”は、スイフト(SWIFT)と同じデュアルジェットエンジンを採用。しかし、このバレーノ(BALENO)の乗り心地は、同じスズキのコンパクトカー“スイフト(SWIFT)”と若干毛色が異なります。

スズキ  バレーノ 2016

日本で人気のスイフト(SWIFT)はキビキビとした走破性を追及したクルマとなっており、乗り心地は若干硬め。バレーノ(BALENO)に比べてしっかりとした足回りになっており、タイヤから路面状況や情報が分かりやすい乗り心地になっています。また、山道や坂道を運転するのならスイフト(SWIFT)の方が楽しいのかなと思いました。

一方、バレーノ(BALENO)はエレガントでしなやかな乗り心地。ゆったりとリラックスしながら運転を楽しむには、とても良いクルマなのかなと思いました。

スズキ  バレーノ 2016

このようにバレーノは街中での乗り心地は柔らかくてとっても良いのですが、ちょっと気になったのは山道のワインディングロードの乗り心地や走破性。このクルマは街中の運転にあわせたようなセッティングになっているように感じたので、ワインディングロードでのロールや安定感などはどうなのかな!?と、試乗をしていて少し気になりました。

スズキ  バレーノ 2016

今回は残念ながら山道の試乗はできませんでしたが、ワインディングロードでの運転では、バレーノ(BALENO)とスイフトの走破性や乗り心地の違いが顕著に現れるのかなと思いました。もし今度時間があったらバレーノで山道を試乗してこようと思います。ちなみに、私は硬めの乗り心地の方が好みなのでキビキビとした足回りのスイフト(SWIFT)の方が好みでした。

バレーノの試乗インプレ2:静寂性は思ったよりも良い!?

また、バレーノ(BALENO)は静寂性も思ったよりも良い感じ。ガソリン車なのでアクセルを踏み込むと”ヴォォォ~~ン”とちょっと軽めのエンジン音が聞こえますが、全く気にならないレベル。

スズキ  バレーノ 2016

ここらへんもインドからの逆輸入車と言う事で少し心配していたのですが、騒音対策は日産ノートやフィット3(FIT3)のガソリン車と比較しても全くヒケを取らないレベルになっているなと思いました。

ロードノイズの静粛性は競合車よりも上

また今回バレーノ(BALENO)を試乗をしていて特に良いと思ったのは、ロードノイズの静粛性。このクルマのロードノイズ対策は、他の競合車と比べても遜色はありません。今回の試乗では比較的舗装された道路を運転した事も影響していると思いますが、運転してスグに「あれ!?クルマの下部から騒音の侵入が思った以上に小さい。」と気が付くくらい良かったです。先日ホンダのフィット3(FIT3)のガソリン車を試乗させてもらったのですが、そのクルマよりもロードノイズに関しては、バレーノ(BALENO)の方が格段に小さくて快適。この静粛性の良さも運転の快適さやエレガントでゆったりとした乗り心地に影響を与えているのかなとも思いました。

スズキ  バレーノ 2016

バレーノ(BALENO)はこのようにとても滑らかな乗り心地をしていて、とても快適でした。また静寂性に関しても、しっかりとノイズ対策がなされていおり十分満足できるレベルに達しているいるように感じました。バレーノ(BALENO)はインドからの逆輸入車と言う事で乗り心地や静寂性に多少の不安を感じていましたが、今回の試乗で全くの杞憂と言う事が分かってよかったです。ちなみに、XGグレードとXTグレードでは、搭載されるエンジンやタイヤサイズが異なります。そのためのディーラーさんの話によると、乗り心地や静寂性もまったく異なるそうです。このバレーノ(BALENO)のXTとXGグレードの乗り心地の違いも注目ですね。今回このクルマを試乗してみて、インドのクルマも侮れないなと思いました。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報