アクア特別仕様車の内装画像レビュー。デザインだけでは無く機能も充実!

トヨタ アクア 2016
トヨタの人気ハイブリッド車のアクア(AQUA)から特別仕様車
“スタイル ブラック(スタイル ブラック)”が新発売されましたね。

今回新発売された特別仕様車”スタイルブラック(Style Black)”の外装・
エクステリアはメッキ調のガーニッシュが採用されていたものの、
ベースとなっているSグレードと大きな違いは無し。

>>>アクアの特別仕様車 スタイルブラックの外装を画像でチェック

ただ、内装・インテリアに関しては大幅に進化。

アクアのSグレードの内装・インテリアは安っぽい印象があったのですが、
今回新発売された特別仕様車”スタイルブラック(Style Black)”はオシャレな
感じになっていました。

機能面も含めてアクア(AQUA)のSグレードを購入するなら、この特別仕様車
“スタイルブラック(Style Black)”の方が圧倒的に良いなと思いました。

そんなアクアの特別仕様車の内装・インテリアをSグレードとの違いや
変更点を中心に紹介したいと思います。
Chapter
アクア 特別仕様車の内装レビュー1:インパネ編
アクアの特別仕様車はハンドルのデザインにも注目
特別仕様車はスマートエントリーパッケージを標準装備
アクアの特別仕様車のメーターはどんな感じ?
アクア 特別仕様車の内装レビュー2:シート編
このスタイルブラックにはアームレストも装備

アクア 特別仕様車の内装レビュー1:インパネ編

アクアの特別仕様車の内装・インパネは、このようなデザインを採用。
スタイルブラック(Style Black)の名前の通り、ブラックが基調になっていてオシャレな雰囲気の内装・インパネを採用。この特別仕様車のベースとなっているSグレードのブルーブラックの内装色を採用したモデルよりも高級感・上質感のあるデザインになっているように感じました。

このアクア特別仕様車のインパネの特徴の一つはピアノブラックのデザイン。このようにエアコンのコントローラーなどがあるセンタークラスター部分や運転席側や助手席側の送風口など、この特別仕様車のインパネはSグレードと異なりピアノブラック調のパネルが採用されていました。

■送風口
■助手席オープントレイ
■パワーウインドウスイッチ
■センタークラスター
この多用されたピアノブラック調のパネルのためかアクアの特別仕様車の内装・インパネは、Sグレードのものよりもスタイリッシュで大人っぽいデザインになっているように感じました。この高級感がアップしたアクアの特別仕様車の内装・インパネは、個人的にはかなり好印象でした。


アクアの特別仕様車はハンドルのデザインにも注目

また、アクアの特別仕様車の内装・インパネで特に印象的だったのが、ハンドルのデザイン。


アクア(AQUA)のSグレードのハンドルと言えば、シルバーの加飾が特徴的でしたが、特別仕様車”スタイルブラック”のハンドルは、ピアノブラック調のデザインを採用。しかも、このハンドルを近くで見るとわかりますが、キラキラと輝くラメ入り。
スタイリッシュで大人っぽいデザインになったアクア(AQUA)の特別仕様車スタイルブラック(Style Black)のハンドルはとても良いデザインになっているように感じました。ただ、ちょっと残念だったのはハンドルに使用されている素材。このアクアの特別仕様車の採用されているハンドルの素材は、Sグレードと同様にウレタン製。


もし内装・インテリアのデザインにマッチした本革のハンドル・ステアリングホイールをこの特別仕様車に採用していたら完璧でした。
<次のページに続く>
次ページ
特別仕様車はスマートエントリーパッケージを標準装備
商品詳細