トヨタ 初代CHR/C-HRを内装写真でデザインから後部座席の広さまで徹底チェック!

トヨタ C-HR  2017

今回は、トヨタ 初代CHR/C-HR(NGX10/50/ZGX10/ZYX10型)のインテリア(内装)を徹底的に紹介します。プリウス(Prius)をベースにしたSUV車CHR/C-HRが2016年12月14日にトヨタから新発売されましたね。

SUVのチカラ強さとクーペのスタイリッシュさを兼ね備えている外装・エクステリアのデザインが注目を集めていますが、内装・インテリアもデザイン性が高いデザインになっているように感じました。

トヨタ 初代CHR/C-HRのハイブリッド車/ターボ車の上位モデルGグレードやG-Tグレードでは、落ち着いた雰囲気が漂うリコリスブラウンの内装色を採用。プレミアム感や上質感のある内装(インテリア)になっており、所有感を満たしてくれるデザインに感じました。

そんなトヨタ 初代CHR/C-HRを試乗してきた際、内装写真をたくさん撮ってきたので、画像盛りだくさんで紹介したいと思います。

トヨタ 初代CHR/C-HRの収納スペースは少なめ

このように流線型のデザインがオシャレなトヨタ 初代CHR/C-HRの内装・インパネですが、外装・エクステリア同様に使い勝手よりもデザイン性を重要視したためか、収納スペースも少なめです。実際このクルマに乗り込んで収納スペースを確認してみると、「えっ…収納スペースはコレだけ!?」と思ってしまうかもしれません。

しかも、トヨタ 初代CHR/C-HRに搭載されている各収納スペースはサイズも小さいため収納力も乏しいです。もしこのクルマをファミリーカーとして使用を考えているのなら、収納スペースの数や使い勝手で苦労するシーンは多いのかなと思いました。

トヨタ 初代CHR内装画像レビュー:シート編

■G系グレードのフロントシート

■G系グレードの後部座席

トヨタ 初代CHR/C-HRですが、グレードによってシートデザインが異なります。G系グレードのシートでは、ファブリック×革のコンビシートを採用。シート中央部分は大きなステッチの入ったファブリック生地を採用。

そして、シートのサイドの部分にはインパネのカラーにマッチしたブラウンのシートを採用。ブラウンを上手にあしらっており、デザイン性を追求したこのクルマに相応しいデザインになっているように感じました。

■S系グレードのフロントシート

■S系グレードの後部座席

S系グレードのシートは、ストライプ上にシルバーラインが入っていますが、全面ファブリック素材を採用。

Gグレードと同様にシートのサイドサポートはしっかりといているので座り心地はとても良いのですが、デザイン性は上位モデルのG系グレードの方が格段に良いように感じました。このシートデザインもG系グレードとS系グレードの大きな違いの一つです。

<次のページに続く>
次ページ
CH-Rの後部座席の機能性はイマイチ?