ドライブレコーダーおすすめ10機種|カメラ・画像など選ぶ際のポイントも解説

ドライブレコーダー

※この記事には広告が含まれます

ドライブレコーダーを選ぶ際にはどのようなポイントがあるのでしょうか。本記事ではおすすめのドライブレコーダー10機種やドライブレコーダーを選ぶ際のポイントなどを紹介していきます。ぜひドライブレコーダー選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

〈PR〉CarMe編集部おすすめ

三井ダイレクト損保

レスキュードラレコ | 強くてやさしいクルマの保険

月額670円

【 ネット型自動車保険初!(注) 】月額670円であおり運転や事故対策!

三井ダイレクト損保の「レスキュードラレコ(ドラレコ特約)」は、専用ドライブレコーダーを取り付けることで利用できる特約です。

専用ドライブレコーダーが一定以上の衝撃を検知すると、安否確認デスクに自動でつながり、ロードサービスの要否ケガの有無の確認、また事故の初動に必要な対応をアドバイスしてくれます。

事故にあった方を迅速かつ的確にサポートしてくれるのが特徴です。

(注) 2023年1月発売時点 三井ダイレクト損保 調べ
※ 特約保険料は、三井ダイレクト損保の契約1年目で月払を選択した場合。
※ 「一定以上の衝撃」とは、一般的に走行が困難となる程度(時速30km程度以上で壁と衝突した場合等)の衝撃をいいます。なお、車種や車両の重量等によって、検知されない場合があります。

CarMe編集部
CarMe編集部

レスキュードラレコ(ドラレコ特約)」を付けていれば、一定以上の衝撃を検知するとオペレーターが対応してくれ、事故映像や位置情報などが三井ダイレクト損保へ自動送信されます!

説明が難しい事故状況AIが分析してくれるので、自分で事故状況を説明する負担を大幅に軽減できます。

事故にあったとき動揺して何をすればいいかわからない」「事故映像の送り方がわからない」「事故状況を詳しく覚えていない」という方におすすめです!

Chapter
ドライブレコーダーとは?
おすすめのドライブレコーダー11選
1:ケンウッド 「DRV-250」
2:innowa「Journey Plus」
3:コムテック「HDR360G」
4:ケンウッド 「DRV-340」
5:カーメイト「ダクション 360S DC5000」
6:ナガオカ「MDVR104FHD」
7:コムテック「HDR360GW」
8:ケンウッド 「DRV-CW560」
9:コムテック「ZDR025」
10:セルスター「CS-91FH + GDO-15」
ドライブレコーダーを選ぶ際のポイント5つ
お気に入りのドライブレコーダーを見つけよう

ドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダーとは、運転中の映像や音声を残す自動車用の車載装置です。ドライブレコーダーを設置することにより、万がいちの事故やトラブルの際に証拠として映像を残すことができます。

近年のドライブレコーダーには、映像や音声の保存だけでなく速度や走行ルートなどを記録できるなど、便利な機能が搭載されているものも多いです。

おすすめのドライブレコーダー11選

ドライブレコーダーはさまざまなタイプが登場しており、搭載されている機能や性能にも違いがあります。しかし種類が多すぎて、どのような違いがあるのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、おすすめのドライブレコーダー10機種を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

1:ケンウッド 「DRV-250」

ケンウッド(KENWOOD)

DRV-250

13,000円〜(税込)

業界でも上位クラスの24時間タイマー録画が可能

ケンウッドの 「DRV-250」は駐車監視録画にも対応したドライブレコーダーです。

車載電源ケーブルCA-DR350を購入すれば、最長で24時間の衝撃やレンズ範囲内の動体監視が実現できます。また、検知3秒前から検知後57秒を合わせて60秒間の録画が可能です。

カメラ数
1カメラ(フロント)
画質
フルHD
水平画角
122°
フレームレート
27.5fps
設置タイプ
一体型
Gセンサー搭載
駐車監視機能
△(オプション)
HDR/WDR対応
LED信号対応
GPS機能
-
録音機能
安全運転支援機能
-

2:innowa「Journey Plus」

innowa(イノワ)

Journey Plus

6,578円〜(税込)

自動的に駐車モードになるオート駐車モードを搭載

innowa「Journey Plus」はボタン操作不要で駐車モードが利用できるドライブレコーダーです。

オート駐車モードを設定すれば、駐車して10分で自動的に駐車監視がスタートし、再発進すれば解除されて通常録画に戻ります。

カメラ数
2カメラ(フロント+リア)
画質
フルHD
水平画角
125°
フレームレート
55fps
設置タイプ
一体型
Gセンサー搭載
駐車監視機能
-
HDR/WDR対応
LED信号対応
GPS機能
録音機能
安全運転支援機能
-

3:コムテック「HDR360G」

コムテック(COMTEC)

コムテック 360度全方向対応ドライブレコーダー HDR360G 340万画素 ノイズ対応 夜間画像補正 LED信号対応 専用microSD(16GB)付Gセンサー GPS 12/24V対応 3年保証 日本製 駐車監視機能付 補償サービス2万円 COMTEC

33,800円〜(税込)

360度カメラで全方向を録画

コムテックの「HDR360G」は360度全方向対応のドライブレコーダーです。

垂直視野角も240度となっているため、従来のドライブレコーダーでは死角になっていた場所でもしっかりと映像に残すことができます。また、前後2分割での録画も可能なため、それぞれ別に映像を確認できます。

メーカー
コムテック(COMTEC)
ブランド
コムテック(COMTEC)
モデル名
HDR360G
梱包サイズ
5.2 x 6.6 x 11 cm; 145 g
商品モデル番号
HDR360G
商品の重量
145 g

4:ケンウッド 「DRV-340」

ケンウッド(KENWOOD)

DRV-340

16,300円〜(税込)

映像へのフロントガラスの映り込みを軽減する新デザイン

ケンウッドの 「DRV-340」は機能とコンパクトさを兼ね備えたドライブレコーダーです。

ケンウッドが販売しているドライブレコーダーの中でもスタンダードなモデルです。車載電源ケーブルCA-DR150を購入すれば、駐車録画管理機能も利用できます。

メーカー
ケンウッド(KENWOOD)
ブランド
ケンウッド(KENWOOD)
モデル名
DRV-340
梱包サイズ
3.2 x 6.1 x 5.4 cm; 63 g
商品モデル番号
DRV-340
商品の重量
63 g

5:カーメイト「ダクション 360S DC5000」

カーメイト(CARMATE)

DC5000

14,850円〜(税込)

360度レンズを2つ搭載

カーメイトの「ダクション 360S DC5000」は前方後方側まで全て確認できるドライブレコーダーです。

特許出願中のデュアルルック機能により、周囲の状況を記録できる全天球録画と、前方車両のナンバープレートまでクリアに録画できる高解像度のフロント録画を同時に行えます。

ブランド
カーメイト(CARMATE)
モデル名
DC5000
梱包サイズ
5.1 x 13 x 10 cm; 238 g
商品モデル番号
DC5000
商品の重量
238 g

6:ナガオカ「MDVR104FHD」

NAGAOKA

【ドライブレコーダー】 1080P高画質 死角となる部分もきちんとカバー

5,194円〜(税込)

圧倒的なコストパフォーマンス

ナガオカの「MDVR104FHD」は軽量コンパクトなドライブレコーダーです。

40gのコンパクトボディながら170度のFull HD録画が可能です。また、古い映像ファイルから順番に上書きしていくサイクル録画にも対応しています。

メーカー
NAGAOKA
ブランド
NAGAOKA
梱包サイズ
3.1 x 6.6 x 4.1 cm
商品モデル番号
MDVR104FHD

7:コムテック「HDR360GW」

コムテック(COMTEC)

HDR360GW

29,780円〜(税込)

全方位カメラ+後方を録画するリヤカメラ搭載

コムテックの「HDR360GW」は全方位をくまなく録画できるドライブレコーダーです。

車両を含めた前後左右だけでなく、後方のみをしっかり録画するリヤカメラを搭載しています。安心の3年保証付きです。

カメラ数
2カメラ(360度+リア)
画質
フルHD
水平画角
360°
フレームレート
27.5fps
設置タイプ
一体型
Gセンサー搭載
駐車監視機能
△(オプション)
HDR/WDR対応
LED信号対応
GPS機能
録音機能
安全運転支援機能
-

8:ケンウッド 「DRV-CW560」

ケンウッド(KENWOOD)

DRV-CW560-K

12,980円〜(税込)

フルハイビジョンの2倍の高解像度で録画可能

ケンウッドの 「DRV-CW560」はソニー製のイメージセンサー「STARVIS」を搭載したドライブレコーダーです。

高画質での録画が可能で、夜間であってもクリアな映像を残せます。また、無線LANにも対応しており、アプリをインストールしていればスマートフォンから映像を確認可能です。

ブランド
ケンウッド(KENWOOD)
モデル名
DRV-CW560-K
梱包サイズ
6.1 x 7.4 x 8.1 cm; 136 g
商品モデル番号
DRV-CW560-K
商品の重量
136 g

9:コムテック「ZDR025」

コムテック(COMTEC)

コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR025 前後200万画素 Full HD ノイズ対策済 夜間画像補正 SONY製CMOSセンサー搭載 LED信号対応 専用microSD(32GB)付 1年保証 Gセンサー GPS 高速起動 後続車接近通知 駐車監視/安全運転支援機能付 COMTEC

28,037円〜(税込)

前後カメラともHDR搭載で白飛びがない

コムテックの「ZDR025」は後続車接近お知らせ機能を搭載したドライブレコーダーです。

前後2カメラを搭載したドライブレコーダーで、白飛びのない安定した映像を保存できます。また、後方から接近する車両をブザーで知らせる機能も搭載しています。

メーカー
コムテック(COMTEC)
ブランド
コムテック(COMTEC)
モデル名
ZDR025
梱包サイズ
9.2 x 3.1 x 5.2 cm; 159 g
商品モデル番号
ZDR025
商品の重量
159 g

10:セルスター「CS-91FH + GDO-15」

ノーブランド品

セルスター CS-91FH+GDO-15 前後2カメラ ドライブレコーダー+常時電源コード セット 煽り運転対策/超速GPS+サブメーター級測位補強 2.4インチ タッチパネル液晶/200万画素CMOSセンサーSTARVIS IMX327 リアカメラケーブル(9m)付属/日本製国内生産3年保証

39,800円〜(税込)

2カメラタイプのためあおり運転にも◎

セルスターの「CS-91FH + GDO-15」はCS-91FHと直結配線GDO-15のセットです。

CS-91FHは後方車両の接近も知らせてくれるドライブレコーダーで、夜間撮影にも強いナイトビジョンを搭載しています。

メーカー
セルスター
ブランド
ノーブランド品
商品モデル番号
CS-91FH+GDO15

ドライブレコーダーを選ぶ際のポイント5つ

ドライブレコーダーは種類によって機能や価格もさまざまで、どれを選べば良いのかわからないという方も多いでしょう。ここでは、ドライブレコーダーを選ぶ際のポイント5つを紹介していきます。

1:カメラの性能が良いこと

もしものトラブルの際に、相手の車両のナンバープレートがきちんと読み取れる性能を持っていることは非常に重要です。そのため、ドライブレコーダーはできるだけ画質が良いものを選びましょう。

2:撮影可能範囲が広いこと

交通事故は正面以外の角度で発生するケースも多いです。そのため、できるだけ撮影可能範囲が広いものを選びましょう。

具体的には、水平画角が108°以上、できれば120°以上あるものであれば安心です。

3:設置場所に合う形状であること

ドライブレコーダーにはカメラと一体になっている一体型や、分かれているセパレート型、ミラー型などの形があります。そのため、設置したい形状のドライブレコーダーを選びましょう。

できるだけ場所を取りたくない場合は、ルームミラーに取り付けられるミラー型がおすすめです。

4:便利な機能がついていること

ドライブレコーダーには駐車監視機能やGPS、自動保存機能などの便利な付加機能が搭載されているモデルもあります。どのような機能が搭載されているのかチェックし、求めている機能が搭載されているものを選びましょう。

5:予算に合う価格であること

ドライブレコーダーは安価なものは1万円以下から、高いものは数万円まで価格帯もさまざまです。値段が高いほど高性能で多機能な傾向がありますが、特に使用しない機能であればわざわざ高いものを購入する必要はありません。

ドライブレコーダーは予算に見合った価格帯のものを選びましょう。

お気に入りのドライブレコーダーを見つけよう

ドライブレコーダーは種類によって機能や性能、価格などに差があります。ぜひ本記事で紹介したおすすめのドライブレコーダー11選やドライブレコーダーを選ぶ際のポイントなどを参考に、目的や予算にマッチしたドライブレコーダーを選ぶようにしましょう。

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細