検電テスターのおすすめ17選|車のメンテナンスにぴったりの1品を!

検電1〜6

検電テスターは正常に電気に流れているかどうかを確認できるアイテムです。この記事ではおすすめの検電テスター12選や検電テスターを使う際の注意点などをご紹介しますので、検電テスターの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

畠山 達也|はたけやま たつや

畠山さんは、車好きが高じて一級自動車整備士を取得。車のあらゆることを知りたいという気持ちから大手自動車メーカーへ就職し、退職後は自動車部品卸売業に携わった。

畠山 達也
Chapter
検電テスターの役割と種類
プロがおすすめする検電テスター5選
1.KURAMOTO/配線テスター
2.ledmomo/デジタル検電テスター
3.Yosoo./ヒューズ付き回路テス​​ターペン
4.大橋産業/検電テスター
5.Z.L.F.J.P/検電テスター
編集部おすすめの検電テスター12選
検電テスターおすすめ1:エーモン 「検電テスター 1547」
検電テスターおすすめ2:ASE「検電テスターas1320」
検電テスターおすすめ3:エーモン「デジタル検電テスター 1142」
検電テスターおすすめ4:兼古製作所(ANEX)「ペンシル型LED検電ドライバー」
検電テスターおすすめ5:ofc「検電テスター」
検電テスターおすすめ6:エーモン 「検電テスター A49」
検電テスターおすすめ7:マーベル「ペンライト機能付き検電器 MT81L」
検電テスターおすすめ8:FayTun「デジタル検電テスター」
検電テスターおすすめ9:アストロプロダクツ「検電テスター」
検電テスターおすすめ10:兼古製作所(Anex)「BUZZER&LEDオートテスター」
検電テスターおすすめ11:シェアスタイル「サーキットテスター」
検電テスターおすすめ12:Kmoon「検電テスター 車用」
検電テスターを使う上での注意点
おすすめの検電テスターを参考にしよう!

検電テスターの役割と種類

検電テスターは、車の電装メンテナンスを行う際に必要になるアイテムです。検電テスターは電気の流れを確認するもので、検電テスターを使うことにより、正常に電気が通っているコードを判別することができます。この記事ではおすすめの検電テスターをご紹介します。

【初級者向け】通電チェックのみ

初心者ならば、通電チェック機能がついているシンプルな検電テスターがおすすめです。コードに電気が通っているかどうかのチェックのみで問題なければ、通電チェック機能だけが使えるシンプルな検電テスターで問題ないでしょう。単機能のシンプルな検電テスターなら、コストも抑えられるため、初めて検電テスターを使う方にもおすすめです。

【上級者向け】通電・極性チェック可能

電装パーツの取りつけもするなら、極性を確認できる検電テスターがおすすめです。自分で電装パーツの取り付けもする上級者であれば、通電チェックだけでなく極性のチェックができるタイプが良いでしょう。電流の極性の違いが検出できるタイプは、配線コードがプラス線なのかマイナス線なのかすぐにわかって便利です。

プロがおすすめする検電テスター5選

1.KURAMOTO/配線テスター

KURAMOTO KURAMOTO 配線テスター KR1000 kurefa

2,464円〜(税込)

赤色と緑色のランプが発光し、極性を一目で判断することができる検電テスターです。

余計な飾りがない基本的な性能を備えたアイテムですので、初めて買う人も入門編として使ってもいいと思います。

しかし、シンプルな製品だからといって決してあなどってはいけません。プロのメカニックの中でも、現場で簡易的な点検をするときに使うアイテムです。

付属のキャップをつけておけば、工具箱やグローブボックスに入れて置いても邪魔になりません。

メーカー
KURAMOTO
ブランド
KURAMOTO
商品モデル番号
KR1000

2.ledmomo/デジタル検電テスター

ledmomo ledmomo 車用 デジタル 検電テスター 回路電圧テスター 3V - 48V LCDオートテスター 電圧テスター 診断ツール 自動車用 作業用 家庭用 安全 長持ち 品質保証

4,799円〜(税込)

通電チェックだけでなく、何ボルトの電圧がかかっているのか知りたい人におすすめの、デジタルモニターがついたこの検電テスターです。

通電の有無だけ調べる簡易的なテスターだと、本来の電圧より低かった場合に判別がつかず、故障診断のポイントを見落としてしまうこともあります。このアイテムなら、正常な電圧がかかっているのかどうかが数値でわかるので、電圧に関わる故障を探したい人にはピッタリでしょう。

また、ケーブルの長さは355cmもあり、検電テスターの中ではかなり長い部類に入ります。トレーラーを修理したいときや、アースをとるときにバッテリー以外どこでとっていいか分からない人でも安心して使えると思いますよ。

ワニ口のクリップも、他メーカーより強力なグリップ力があるので、「アースがすぐ外れて不便」といったトラブルも回避できるのが嬉しいポイントです。

メーカー
ledmomo
ブランド
ledmomo
モデル名
46J7URX93W16VLA200DWHC6N
梱包サイズ
22 x 2.6 x 2.5 cm
商品モデル番号
46J7URX93W16VLA200DWHC6N

3.Yosoo./ヒューズ付き回路テス​​ターペン

Yosoo. 回路テス​​ターペン 検電テスター 回路テスター 電圧6-12V ケーブル長60cm ヒューズ電流 5A / 10A / 15A / 20A / 25A 10個のブレードヒューズ付き 修理パーツ

1,157円〜(税込)

検電テスターとミニブレードヒューズ10個がセットになったアイテムです。

車の電装品のカスタマイズをしている、これからしてみたいという人は工具箱に1つ入れておくと安心なアイテムといえるでしょう。

付属するミニブレードヒューズは多くの車に使われるタイプなので、車いじりが好きな人はお守り代わりに持っていると安心できると思います。

メーカー
Yosoo.
ブランド
Yosoo.
梱包サイズ
1 x 1 x 1 cm; 40 g
商品モデル番号
Yosoo.m6zeiyvk7w36
商品の重量
40 g

4.大橋産業/検電テスター

大橋産業 (BAL) BAL 大橋産業 検電テスター 電源チェックの必需品 113

580円〜(税込)

「海外ブランドのテスターは、精度が信用ならないんだよなぁ」と不安な人におすすめした検電テスターがこちら。

一流ブランドと比較しても優劣をつけがたい性能です。

昭和30年代から続く日本の老舗ブランドが取り扱うこのアイテム、LEDではなく電球を使っています。非常にリーズナブルで、「極性関係なくテスターを使いたいけど、あまりお金をかけたくない…」という人におすすめです。

メーカー
大橋産業
ブランド
大橋産業 (BAL)
商品モデル番号
113

5.Z.L.F.J.P/検電テスター

Z.L.F.J.P Z.L.F.J.P ユニバーサル5-36V LCDデジタル回路テスターの電圧計のペンカーサーキットスキャナの電源プローブ自動車診断ツール

5,682円〜(税込)

検電テスターは、通電すると電気の点灯やブザーで知らせる製品が多いなか、珍しいのがデジタルタイプです。

「ブザーだけでは何となくもの足りないけれど、高価で性能のいいテスターを買うほどでもないしなぁ」という人におすすめしたいアイテムです。

シンプルな検電テスターでありながら電圧がデジタル表示されるので、電装品の取り付けや簡易的な故障探求にはもってこい。ワイヤーケーブルはスパイラル状になっているので、サッとまとめるだけで勝手に収縮してくれて、片付けがラクチンなのも嬉しいポイントだと感じます。

ケーブルの長さは約3メートルあり、アースをバッテリーなどに固定したままテールランプやブレーキ周りの通電チェックにも使えて便利です。

メーカー
Z.L.F.J.P
ブランド
Z.L.F.J.P
梱包サイズ
cm; 694 g
商品モデル番号
Z.L.F.J.P
商品の重量
694 g

編集部おすすめの検電テスター12選

おすすめの検電テスターをご紹介します。検電テスターにもさまざまな種類があるため、検電テスターの購入を検討している方の中にはどれを選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。ここでは検電テスターのおすすめ12選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

検電テスターおすすめ1:エーモン 「検電テスター 1547」

エーモン 「検電テスター 1547」は、デザイン性にもこだわったおすすめの検電テスターです。赤と緑の2色のLEDからDC6VからDC24Vの通電確認ができる、スタイリッシュなデザインの検電テスターです。また発光だけでなく、ブザー音でも通電の確認ができます。くわえて大型のクリップが付いているため、しっかりと掴むことができておすすめです。

検電テスターおすすめ2:ASE「検電テスターas1320」

ASE「検電テスターas1320」は、シンプルで使いやすいおすすめの検電テスターです。通電チェックのみというシンプルな機能で、初心者にもおすすめの検電テスターです。安価に購入できるため、予備用の検電テスターにも良いでしょう。

検電テスターおすすめ3:エーモン「デジタル検電テスター 1142」

エーモン「デジタル検電テスター 1142」は、マイナス電圧まで測定可能なおすすめの検電テスターです。デジタル表示で数値が見やすく、マイナス電圧まで測ることができます。プラスなら正の数字で、マイナスなら負の数字で表示されます。また電源のオートOFF機能も搭載されているため、安全に使えるおすすめの検電テスターです。

検電テスターおすすめ4:兼古製作所(ANEX)「ペンシル型LED検電ドライバー」

兼古製作所(ANEX)「ペンシル型LED検電ドライバー」は、収納に便利なペンシル型のおすすめの検電テスターです。簡単に通電のチェックができ、配線などの導通テストも行うことができる検電テスターです。またLEDランプを搭載しているため、明るい光で見えやすくおすすめです。

検電テスターおすすめ5:ofc「検電テスター」

ofc「検電テスター」もおすすめの検電テスターです。このアイテムはお手軽に電圧計測できる検電テスターで、極性によってLEDの発光色を変えることができるため、判別がしやすく便利です。また、予備のLEDが2つ付属しているうえに、安価で購入できるため、コストパフォーマンスも良くお得です。

検電テスターおすすめ6:エーモン 「検電テスター A49」

エーモン 「検電テスター A49」は、シンプルで優秀なおすすめの検電テスターです。多くの検電テスターを販売しているエーモンのシンプルで高性能な検電テスターです。通電チェックのみのシンプル機能で、発光することで通電が確認できます。

検電テスターおすすめ7:マーベル「ペンライト機能付き検電器 MT81L」

マーベル「ペンライト機能付き検電器 MT81L」は、さまざまな検電に対応できるおすすめのテスターです。手元を照らせる白色LEDライトが付いているため、暗い場所でも使いやすいです。また検電時には、赤色の発光とブザー音でお知らせしてくれます。

検電テスターおすすめ8:FayTun「デジタル検電テスター」

FayTun「デジタル検電テスター」は、さまざまな試験に対応できるおすすめの検電テスターです。このアイテムは多機能かつ、実用的幅広い車種に対応できるおすすめの検電テスターです。また、高い精度のデジタルLCDディスプレイが搭載されているため、数値の表示が見やすくなっている点もポイントです。

検電テスターおすすめ9:アストロプロダクツ「検電テスター」

アストロプロダクツ「検電テスター」は、持ちやすく使いやすいおすすめの検電テスターです。配線ヒューズ通電状況をチェックできる検電テスターです。チェック箇所が通電すればブザー音が鳴り、プラスの際は赤色LEDが、マイナスの際は緑色LEDが点灯するため通電状況や電極の種類などを簡単に判別することができます。

本体にペンクリップがついているため持ち歩きにもおすすめです。

検電テスターおすすめ10:兼古製作所(Anex)「BUZZER&LEDオートテスター」

兼古製作所(Anex)「BUZZER&LEDオートテスター」は、収納に便利なペンシル型のおすすめの検電テスターです。ポケットサイズのため、収納に便利なペンシル型の検電テスターです。軽自動車やオートバイ、大型車など多くの車種に使用することができます。

また発光だけでなく、高感度なブザーを鳴らして判定してくれるため、差し込む明るい場所や夜間でも使いやすく、おすすめです。

検電テスターおすすめ11:シェアスタイル「サーキットテスター」

シェアスタイル「サーキットテスター」は、断線しづらい一体型のおすすめの検電テスターです。断線しづらいコード一体型になっているうえ、電圧ショートの確認に便利な検電テスターです。マイナスからプラスへと通電すると青色に発光し、プラスからマイナスへと通電すると赤色に発行します。また本体が透明なので光がわかりやすく、使いやすくなっています。

検電テスターおすすめ12:Kmoon「検電テスター 車用」

Kmoon「検電テスター 車用」は、持ちやすく使いやすいおすすめの検電テスターです。小型で、人間工学に基づいた持ちやすいデザインの検電テスターです。車やボート、トレーラーやオートバイ、スノーモービルなどへの使用にもおすすめです。また、11フィートまで伸ばすことができるスパイラルケーブルも付属しています。

検電テスターを使う上での注意点

検電テスターの先端は、ニードル状になっているため注意が必要です。検電テスターは先端が尖っているため、保護キャップが付いているものがおすすめです。また低圧検電器では、高圧で設定されている電源の検電ができないため注意しましょう。

おすすめの検電テスターを参考にしよう!

使いやすい検電テスターで車の電装メンテナンスを行ってみましょう。検電テスターは商品によって機能がさまざまで、通電チェック以外の機能が搭載されているものもあります。ぜひこの記事でご紹介した商品を参考に、使いやすく便利な検電テスターを見つけてみてはいかがでしょうか。

商品詳細