停電時に使える、クルマのバッテリーから電気を取り出す方法

生活していると、急にやってくる停電。ちょっとした不具合ならば数分や数十分ほどで復旧しますが、大災害となるとそうはいきません。必要な電力は自分でまかなう必要があります。クルマのバッテリーは、そんな災害時の停電にも使えます。

今回は、クルマのバッテリーから電気を取り出す方法をいくつかご紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
シガーソケットを使う
インバーターや車内コンセントを使う
V2Hとパワーコンディショナーを併用する

シガーソケットを使う

バッテリー1

一番手軽にクルマから電気を取り出せるのが、シガーソケットを使う方法です。

クルマのシガーソケットに、対応した機器やUSB充電器を挿しこむだけで準備は完了します。車内用の掃除機のほか、スマホやタブレットなど、12ボルトで給電や充電できる機器ならばこれで十分です。

特にスマホやタブレットなどは、非常時の重要なツールとなります。電池切れしないように、一台だけでもUSBシガーソケットを持っておくと安心できます。ぜひ備えておきましょう。

次ページ
インバーターや車内コンセントを使う