駐車場でポルシェが急発進してスイフトに衝突…駐車場トラブルの対処法は?

ポルシェ981 ボクスター

※この記事には広告が含まれる場合があります

停まっていたポルシェがいきなりバックで急発進。そのまま後ろのクルマに衝突!詳細を見るまでも無く、後ろのクルマはペチャンコになっていそうです。このようなトラブルが起きないために、原因や対処法を考えてみましょう。
Chapter
ポルシェの硬いリアで衝突!
なぜ、このようなことが起きたのか?
防止策は「ブレーキで動かす」だが…
バックする時に、他の事に気を取られない事

ポルシェの硬いリアで衝突!

これは、とあるドライブレコーダーの記録です。

駐車場でポルシェの発進を待っていたところ、なぜかポルシェは勢いよくバック!後ろにいたスズキ スイフトらしきクルマは、あっという間に見えなくなり、ポルシェは駐車スペースにリア部分を突っ込んでいます。その姿から、前後を挟まれたクルマの惨状は想像するだに悲惨そうです。

911とおぼしきポルシェはリアエンジン、突っ込まれたクルマはフロントエンジンのようです。一般的に、エンジンを載せている部分はそれを支えるため十分な強度を持っているため、そうそう容易に潰れたりしません。

硬いもので硬いものに突っ込んでしまったのですから、突っ込まれたクルマのキャビンから後ろは、かなり無残な姿になっているでしょう。

さて、どうしてこのようなことが起きたのでしょうか?

なぜ、このようなことが起きたのか?

詳しい事故原因は動画だけではわかりませんが、見ているとブレーキランプが消えた瞬間にゆっくりと動き出していますから、ポルシェはどうやらAT車のようです。

ポルシェ自慢のセミAT、PDK(ポルシェ・ドッペル・クップルング)でしょうか。

問題はその後で、そのまま急加速してズドン!

クリープ現象で動き出したポルシェを止めようとブレーキを踏んだつもりが、アクセルを豪快に踏んでしまったようです。
<次のページに続く>
次ページ
防止策は「ブレーキで動かす」だが…
商品詳細