80万円以上の価格差!? PHVはノーマルプリウスと何が違うんですか?

トヨタ プリウスPHV

鮮烈なデビューを飾った新型プリウスPHV。ハイブリッド車という意味ではプリウスと同様ですし、外観も変化したとはいえ、ベースはやはりプリウスであることに変わりません。価格差はおおよそ80万円~。さて、この違いはどういった点なのでしょうか。

Chapter
プリウスとプリウスPHVの価格差は…
プリウスPHVにあってプリウスに無いものとは…?!
パワーユニットと充電機能の進化
ハイブリッド燃費としてはプリウスPHVとプリウスは互角だが…

プリウスとプリウスPHVの価格差は…

まず現行プリウスと新型プリウスPHVの価格を挙げてみましょう。

■プリウス 
・E…2,429,018円〜
・S…2,479,091円〜
・A…2,777,563円〜
・Aプレミアム…3,107,455円〜

■プリウスPHV 
・S…3,261,600円〜
・A…3,807,000円〜
・Aプレミアム…4,222,800円〜

主要グレードの価格を挙げてみるとこのようになります。エントリーグレード同士を比較しても約83万円の価格差となっていますね。最上級グレードのAプレミアム同士にいたっては約112万円差。さて、この価格差はどういった意味合いがあるのでしょうか。


プリウスPHVにあってプリウスに無いものとは…?!

新型プリウスの売りは、やはりその「EVとしての機能向上」でしょう。

そのパワーユニットの進化は著しく、リチウムイオンバッテリーの小型化&大容量化でEV航続距離は、これまでの約2倍となる60km以上となり、動力モーターに加え、発電用モーターも動力に転ずる機構「デュアルモータードライブシステム」を採用しました。EVモードでの最高速135km/hという素晴らしい進化を遂げました。

しかし、通常のプリウスにもこのEVモードは塔載されています。スタート時やアクセルオフ事にはエンジンがOFFの状態になり、モーターのみの稼働となります。アクセルを強く踏み込まなければ、60km/h(水温が70℃ある場合)まではモーター動力のみで走行が可能です。

ただし、塔載されているバッテリー容量の違いから、航続距離は非常に短く、バッテリー残量が減るとエンジンがかかり、充電を開始します。どちらかといえば燃費を向上させるための付加機能、といったものがプリウスにおけるEVモードの位置づけでしょう。

プリウスとプリウスPHVが大きく違う点は、まずこのEVモードの実用性能が当然挙げられますね。

<次のページに続く>
次ページ
パワーユニットと充電機能の進化