トヨタ 新型シエンタのインテリア(内装)と荷室は居心地が良い空間を表現【プロ徹底解説】

トヨタ シエンタ

新型シエンタは使う楽しさと居心地の良い空間を目指してデザインされています。これを実現するために、新型シエンタは室内を広く見せる水平基調のデザインを採用しています。

機能部品のモチーフは外観同様「シカクマル」とし、機能を楽しく表現しています。ここでは新型シエンタのインテリアについて紹介します。

文・写真/萩原 文博

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
新型シエンタのインテリアデザインは心地よい空間を演出
運転席は視界良好
ホスピタリティにあふれた助手席
圧迫感の少ない後部座席
荷室も広々
新型シエンタはデザイン・利便性にこだわりあり

新型シエンタのインテリアデザインは心地よい空間を演出

新型シエンタのインテリアデザインは、使う楽しさを拡げ、心地良い室内空間の演出を追求しています。

インストルメントパネルは室内を広く見せるため、水平基調のデザインを採用しています。その結果インストルメントパネル前端からベルトラインへ繋がる造形で空間の広がりを強調しました。

また、新型シエンタのインテリアは幅広い価値観を訴求するため、3色のインテリアカラーを用意しています。

ベーシックなブラックは幅広いユーザー向けの落ち着いた空間を演出。ツートンカラーのフロマージュは居心地の良さと温かみを感じる上質な空間となっています。そして、外観のBピラーもボディ同色になるカーキは道具感覚で気兼ねなく使えるツールなライクの空間となっています。

運転席は視界良好

水平基調のインストルメントパネルの上部のダッシュボードはフラットな形状となっており、視界は良好です。ドライバーは車両感覚がつかみやすいので、非常に運転しやすいのもシエンタの特徴です。

外観デザイン同様にインテリアもシンプルなモチーフ「シカクマル」を採用。ドアポケットやレジスター、メーターなど機能性部品に統一感をもたせ、愛着のあるデザインを追求しています。

また、運転席周りにはカップホルダー&小物入れをはじめ、運転席アッパーボックス、フロントドアポケット、シフトサイドポケットなど様々な大きさの収納スペースが確保されています。

シフトサイドポケットの上にはUSB端子も設置されており、スマートフォンや電気機器を充電することもできるので非常に便利です。

ホスピタリティにあふれた助手席

新型シエンタは助手席側にもオープントレーやドアポケット、グローブボックスなどの収納スペースを確保しています。

シート表皮は全車ファブリックですが、最上級グレードのZには消臭・撥水撥油機能付のファブリックシートが標準装備されます。(Gはオプション装備)

Gグレードは9万3500円、Zグレードは7万9200円のオプションであるコンフォートパッケージを装着すると、シートヒーターが装備され冬の寒い日などでのホスピタリティがアップします。

先代モデルに比べて、フロントシートの上側方のヘッドクリアランスが60mm増えたことで、頭部の圧迫感が減少しています。

圧迫感の少ない後部座席

新型シエンタの全長は4,260mmと先代モデルと同じです。しかし、前後のカップルディスタンスが1,000mmと先代モデルより80mm拡大され、2列目シートのひざ前のスペースが拡大していています。

全高も20mm高くなったことで、2列目シートのヘッドクリアランスも20mm拡大し、圧迫感が減っています

さらに3列目シートのヒップポイントを40mm高めた360mmとすることで、楽な姿勢を取れるようになっています。

上級グレードにオプションで設定されている天井サーキュレーターを装着すれば、リアシートでも暑い、寒いということがなくなるので快適性も向上しています。

荷室も広々

3列シート仕様の新型シエンタのリアハッチの開口部の高さは先代モデルより+15mmの1,070mmまで拡大。荷室フロア高は505mmと変更はないですが、荷室高は+20mmの1,105mmとなり、大きな荷物を積みやすくなっています。

一方、2列シート仕様のシエンタは、開口部の高さは3列シート仕様と変わらないですが、荷室フロア高は565mm。荷室高はデッキ部が+40mmの1,055mm、前方は+75mmの1,040mmです。

リアシートを畳んだ状態での室内高を拡大することで、より使いやすいラゲッジスペースへと進化しています。

さらに、リアシートのチルトダウン機能の最適化によって折りたたみ時により低く、よりフラットなデッキ面を実現しているのが特徴です。

新型シエンタはデザイン・利便性にこだわりあり

新型シエンタは運転のしやすさや操作のしやすさだけでなく、運転席周りに多くの収納スペースを確保するなど利便性にもこだわっていることがわかります。

ボディカラーだけでなく、インテリアカラーも3色設定しているのは、非常にデザイナーのこだわりを感じます。

また、ピクトグラムで収納物を楽しく表示したり、機能部分に差し色を施すなど遊び心も感じられます。

商品詳細