なぜ車好きはPA・SAに集まるのか?そもそも違反じゃないのか?

辰巳PA SA オフ会 走り屋 集会 首都高

車好きがPA・SAに集まるのは、いわゆるオフ会と呼ばれる集まりです。

PA・SAに立ち寄った際、実際に目にしたことがある人もいるかもしれません。

PA・SAは高速道路の休憩場所ですが、オフ会と称して集会を開くのは違反ではないのでしょうか。

Chapter
PA・SAの利用規則に抵触する恐れがある

PA・SAの利用規則に抵触する恐れがある

車好き同士でPA・SAに集まるのは、いわゆるオフ会と呼ばれるものです。

しかし、オフ会の開催自体がPA・SAの利用規則に照らすと、禁止事項となっています。

なぜなら、PA・SAの利用規則で定めている禁止行為の5にて「許可なく募金、署名活動、演説又は集会等を行うこと」としているためです。

オフ会は、集会に属する集まりです。

禁止行為の前文にて、「SA・PAでは次の各号の行為を禁止します。なお、この禁止行為をされたお客さまへは弊社から是正を求めることがあります」としていることから、SA・PAの管理者より立ち退きを求められることも十分に考えられるでしょう。

また、参加者のマナーによっては車の空ぶかしやごみのポイ捨てなど、一般利用客の迷惑になる行為が行われる可能性もあります。

2022年2月18日には、大黒PAに集まっていた車の迷惑行為によって110番通報があり警察が出動、PAが閉鎖される事態になったケースも存在しています。

平日深夜や早朝など、SA・PAの駐車場が空いている時間帯に、邪魔にならない場所で少数が集まって喋っている程度なら、問題になる可能性は低いといえます。

しかし、SA・PAの利用者が増える週末や連休などに、大人数が駐車スペースを占有して騒いでいれば、迷惑だとする一般利用者が出てくることは容易に想像できるでしょう。

オフ会の開催は法律に違反するものではありませんが、SA・PAはあくまでも高速道路を利用する人の休憩場所です。

どうしてもオフ会をしたければ、有料施設を借り切って行うのがベストだといえるでしょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道