「T」や「よ」は激レア!米軍基地関係車のナンバーを紹介

普天間基地

普段見慣れているナンバープレートには、左側に平仮名一文字が記されています。しかし平仮名意外に、「A」や「Y」などのアルファベットが記されているものも存在します。

ではアルファベットが付くナンバーとはどのような車に採用されているのでしょうか。

Chapter
「A」や「Y」ナンバー車は沖縄や横須賀など米軍基地がある地域で多くみられます

「A」や「Y」ナンバー車は沖縄や横須賀など米軍基地がある地域で多くみられます

自動車登録規則第13条の規定に関連するものとして、別表第3において、日本国籍を有しない者が所有する自家用自動車で、法令の規定により関税又は消費税が免除されているもの及び別に国土交通大臣が指定するものに対して、「E、H、K、M、T、Y、よ」のアルファベット入りのナンバーが付与される旨が記載されています。

つまり、アルファベット入りのナンバー車には米軍関係者やその家族が乗っているのです。

なお、車のサイズによって与えられるアルファベットが変わり、軽自動車に対しては「A、B」が交付されることになっています

また「Y」ナンバーに関しては、米軍が使う私有車(日本国内で購入した車両)となっており、同じ私有車でもアメリカから輸入された車両に関しては、「E、H、K、M」ナンバーがつけられることになっています。なかでも「E」ナンバーについては免税対象の車となっているようです。

加えて、「T」や「よ」ナンバーは特にレアなナンバーとされており、「T」はジュネーブ条約の締結外の国から一時輸入された車に交付。

「よ」は、日本で退役・除隊した軍人の車につけられるナンバーとなっています。

普段あまり見ることのない「E、H、K、M、T、Y、よ、A、B」ナンバー。一口に米軍基地関係者の車といっても、それぞれの文字に細かなルールや条件があるようです。

ほとんどの場合、「Y」ナンバー以外はあまり多く見かけないとされているだけに、他のアルファベットや「よ」ナンバーはかなりレアな存在と言えそうです。