「品川ナンバーにしたい!」そもそもナンバープレートの地域名は選べるの?

ナンバープレート

ナンバープレートには、車を識別しやすくする目的でさまざまな記載がなされていますが、「品川」「世田谷」「練馬」といった地域名はどのように決められているのでしょうか。

「品川ナンバーは所得が高い」「足立ナンバーは怖い」など、ただのナンバープレートとはいえど特定のイメージが定着している地位もあります。

憧れの地域名を選びたいとき、好きな地域名に設定できるのでしょうか。

Chapter
ナンバープレートの地名は「使用の本拠の位置」で決まっている

ナンバープレートの地名は「使用の本拠の位置」で決まっている

ナンバープレートに記載されている地名は、原則として車庫証明における使用の本拠の位置によって決められています。

使用の本拠の位置とは、車の持ち主とその他車の管理責任者の所在地となっており、車庫証明は警察署に提出する書類なので根拠が必要です。

このことから、公共料金の領収書や使用の本拠の位置及び申請者名が明記された郵便物といった書面があれば単身赴任先や別荘といった住民票以外の住所でも、ナンバープレートを取ることはできます。

しかし、先に挙げたように生活の実態を確認することでナンバープレートの地域は決められるため、全国どこでも好きな地域に設定するということはできません

このことから、他の都道府県に移るなど管轄の運輸支局が変わる引越しをした場合、車検証や車庫証明の変更も行わなければなりません

これは、自動車保管所証明書の登録住所を変える手続きであり、引っ越しをした後15日以内に行なわなければ罰金が発生する可能性もあります

車の車庫証明に記載されている登録住所が変わるということは、ナンバープレートの変更も必要になります。

ナンバープレートを変更しなかったからといって取り締まる法律はありませんが、付随する車検証の住所変更を怠った場合、道路運送車両法第12条によって50万円以下の罰金が課される可能性があります。

さらに、自動車税の納税通知書など、税金や保険のお知らせが届かなかったり、車のリコール案内が届かなかったりといった弊害が出るため、引っ越しをした場合は免許証はもちろん、車検証や車庫証明、ナンバープレートの変更までセットで行うようにした方が良いでしょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
商品詳細