スバル 2代目レヴォーグ(VN5型)の深く追求された乗り心地はいかに!?

スバル 2代目レヴォーグ

今回は2020年10月にモデルチェンジし「2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したスバル 2代目レヴォーグ(VN5型)の乗り心地について紹介します。

2代目レヴォーグは際立った収納性を確保しながらも走りの楽しさそして乗り心地をも追求したワゴン車です。

2代目レヴォーグに詰め込まれたスバルの最新技術はすべての移動を感動に変えると表現されていますが、その乗り心地はどうなのでしょう。

今回は、そんな2代目レヴォーグの乗り心地について見ていきましょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
スバル 2代目レヴォーグの快適な乗り心地をサポートする2つの特徴
スバル 2代目レヴォーグのパワーユニットにも注目!
スバル 2代目レヴォーグの快適な乗り心地を増す室内装備

スバル 2代目レヴォーグの快適な乗り心地をサポートする2つの特徴

スバルはレヴォーグの開発に当たり、どの席に座っても乗り心地が良く、誰もがクルマで移動する時間を快適に過ごせることを「走りの愉しさ」と表現しています。

総合安全性能のレベルを引き上げ、ドライバーの意思に忠実なハンドリングや不快な振動騒音を低減し快適な乗り心地を提供する「スバルグローバルプラットフォーム」に加え、その高いポテンシャルをベースにレヴォーグではより高レベルへと進化させるためボディ全体の骨格連続性を高める「フルインナーフレーム構造」を採用。

新設計のサスペンションはロングストローク化や各部の剛性向上で路面からの入力に対しよりスムーズに動く足回りへと進化しており、ボディの高剛性化との相乗効果で意のままの走りやしなやかな乗り心地、それに優れた静粛性など走りの質感を飛躍的に高めています。

また、電動パワーステアリングのモーターアシスト軸とドライバーのステアリング操作軸を別軸にできる2ピニオン方式を採用した2ピニオン電動パワーステアリングは、より滑らかでリニアなステアリングフィールを実現しスポーティかつ上質な走りを提供しています。

他にも微小な変形を抑える「構造用接着剤」など、さらなる高剛性化と軽量化を実現しており、レヴォーグは思いのままに運転する愉しさとともに、誰もが快適に過ごせる上質な乗り心地を届けているのです。

スバル 2代目レヴォーグのパワーユニットにも注目!

スバル レヴォーグの乗り心地を語る上では、そのパワーユニットも無視は出来ません。

スバルはこれまで、理想のパワーユニットとして水平対向エンジン「SUBARU BOXER」を磨き続けてきました。

これは左右対称に向き合ったピストンが水平方向に往復することで互いの力を打ち消し合うため振動が少なく、エンジンフィールが非常に滑らかであるという特徴を持っています。

レヴォーグにはこの水平対向エンジン「SUBARU BOXER」の設計がゼロから見直され、全方向に進化した新世代型が搭載されているのです。

新世代BOXERエンジンには低回転域から300N・mの高トルクを発生させるターボシステムや少ない燃料で多くのエネルギーを生み出すリーン燃焼技術などが採用されており、走りと優れた環境性能を両立していますが、変速ショックのない滑らかな加速とリニアなレスポンスを提供するリニアトロニックにも乗り心地という点からは注目しておく必要があります。

変速範囲の拡大によって、発進時の力強い加速や高速巡航時の燃費性能が向上しているほか、優れた静粛性も実現しているからです。

レヴォーグの乗り心地はパワーユニットの面からも強化されていると言えます。

スバル 2代目レヴォーグの快適な乗り心地を増す室内装備

スバル レヴォーグの快適な乗り心地には充実した室内装備も大いに役立っています。

左右独立温度調節機能、リアシート(後席)ベンチレーション、クリーンフィルター付きのフルオートエアコンやフロント4+リア2の6スピーカーはもちろんのこと、「STI Sport」「STI Sport EX」にはSTI Sport装備として、また「GT-H」「GT-H EX」にはメーカーオプションとして本革シートが含まれています。

シートの機能は「GT-H」「GT-H EX」「STI Sport」「STI Sport EX」が運転席10ウェイパワーシートと助手席8ウェイパワーシート、「GT」「GT EX」が運転席8ウェイパワーシートが標準装備。

またシートヒーターは運転席と助手席に加え、「GT-H」「GT-H EX」「STI Sport」「STI Sport EX」ではリアシート左右にも備え付けられているなど快適なドライブに必要十分を超えた装備と言えるのです。

もちろん、センタートレイやグローブボックスといった小物収納をはじめインパネアクセサリーソケットやリアシートUSB電源など快適な乗り心地を支える装備も用意されています。

レヴォーグによる移動時間は全ての人にとって理想の空間と心地よさと言えましょう。

今回はスバル レヴォーグの乗り心地についてご紹介しました。

「スバルグローバルプラットフォーム」に加え「フルインナーフレーム構造」を採用したレヴォーグはパワーユニットに置いても新世代BOXERエンジンを搭載したことで、どこまでも行きたくなる気持ちのいい走りと乗り心地を実現しています。

気になっている方は、この機会にご検討されてはいかがでしょうか。

※ 2021年7月現在

商品詳細