【プロ解説】スバル レヴォーグのエクステリア(外装)やデザインを徹底解説!!

スバル レヴォーグ 萩原撮影

国産車では数少なくなったステーションワゴン。その中でワゴンの価値を再定義するクルマが新型レヴォーグです。日本の道路事情にマッチしたサイズと使いやすさを両立した優れたパッケージングにより、国産ステーションワゴンの中で高い人気を誇ります。そんな人気モデルであるレヴォーグの外観デザインについて解説します。

文/写真・萩原文博

Chapter
スバル レヴォーグは新デザインコンセプト「BOLDER」を採用
スバル レヴォーグのエクステリアデザイン:フロント周り
スバル レヴォーグのエクステリアデザイン:サイドビュー
スバル レヴォーグのエクステリアデザイン:リア周り

スバル レヴォーグは新デザインコンセプト「BOLDER」を採用

現行型レヴォーグは、これまで発売されたスバルのデザインコンセプト「Dynamic×Solid」をより進化させた「BOLDER」という新デザインコンセプトを採用しています。このコンセプトにはスバルがユーザーに提供する価値やクルマそれぞれが持つ個性をより“大胆に”際立たせるという思いが込められています。

それは3つの柱で支えられており、まずダイナミックな躍動感を表現する明確な「軸」を通すこと、包まれるような安心感を乗る人にもたらす、「塊感のあるボディ」を造形すること。そして、愉しさや安定感を大胆に表現する「特徴的なフェンダー」をデザインすることとなっています。これをベースとして現行型レヴォーグのデザインテーマは「Performance&Advanced」と設定されました。クルマが持つ個性を大胆に際立たせるという「BOLDER」のコンセプトから、意のままにコントロールする愉しさを表現し、レヴォーグの個性を際立たせることを狙っています。

今にも走り出しそうな前傾軸のデザインは、停止していても、レヴォーグの高い走りのポテンシャルを感じさせます。また、ヘキサゴングリルから始まる強い塊感のあるボディデザインによって、包まれるような安心感を提供。そして、ボディ内側からサイドに向けて、内圧によって大胆に張り出したフェンダーによって楽しさを大胆に表現しています。

スバル レヴォーグのエクステリアデザイン:フロント周り

現行型レヴォーグのフロントビューは立体的でワイドに構えたヘキサゴングリルとシャープで切れ味の鋭いヘッドランプの精悍な目つき。そして象徴的なCシェイプの光がスバルらしさを強調しています。

また、大胆に張り出した力強いフェンダーによってタイヤの踏ん張り感を強調しスタンスの良さを主張しています。GT/GT-Hのフロントグリルはダークメタリック塗装ですが、STI Sportはメッシュ部にダークグレーシリカ塗装を施し、より引き締まった上質感あるデザインとなっています。さらにフロントバンパーのスカート部にメッキ加飾が追加されています。

<次のページに続く>
次ページ
スバル レヴォーグのエクステリアデザイン:サイドビュー

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博