【TMS2019】東京モーターショーにて新型レヴォーグのプロトタイプ初公開!

2019 TMS レヴォーグ

スバルは2019年東京モーターショーでレヴォーグの次期モデルのプロトタイプを世界初公開しました。国内専用車として初代レヴォーグが発売されてから約5年目で発表された次期レヴォーグ。注目ポイントや販売時期についてご紹介していきます。

文・西川 昇吾/写真・宮越 孝政

Chapter
新型レヴォーグの特徴
エクステリアデザイン
パワーユニットとプラットフォーム
先進技術の採用
先進技術てんこ盛りでも運転の楽しさを忘れない

新型レヴォーグの特徴

新型レヴォーグ開発時に目指した点は「誰もが自分の意思で、運転をどこまで愉しめる未来」を実現することで、先進の運転支援技術の進歩が進む中で、そのような装備を充実しつつも、運転する愉しさを意識したモデルという印象を受けます。

トピックスとしてはFA/FBエンジンの次世代型となる新開発1.8リッターの水平対向直噴ターボエンジンの搭載、第5世代インプレッサから採用されているスバルグローバルプラットフォームの採用や、新世代アイサイトの搭載。

新開発の高精度マップ&ロケーターの採用、国内スバル初採用のコネクテッドサービスなど多岐に渡ります。国内市場での販売は2020年後半を予定しています。

エクステリアデザイン

エクステリアデザインはクルマそれぞれが持つ価値をより大胆に際立たせる新デザインコンセプト「BOLDER」を採用することにより、現行レヴォーグのイメージをキープしつつ、よりアグレッシブで筋肉質な印象を受けます。

<次のページに続く>
次ページ
パワーユニットとプラットフォーム

西川 昇吾|にしかわ しょうご

1997年生まれ。富士スピードウェイ近隣で生まれ育ち、大学で自動車に関する学習をする傍ら、自動車ライターとしての活動を始める。過去にはコミュニティFMのモータースポーツコーナーにてレギュラー出演経験あり。「書くこと、喋ることで自動車やモータースポーツの面白さを伝える」を目標とし、様々なジャンルのライティングや企画に挑戦中。

西川 昇吾