ホンダ 初代S660に設定された3つのグレードを徹底比較!おすすめのグレードはこれだ!

ホンダ 初代S660グレード比較

ホンダ 初代S660は、軽自動車とは思えないほど高い走行性能や軽自動車初の6MTなど、さまざまな面から高い注目度を誇るクルマです。

そんなS660には3つのグレードが設定されていますが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

そこで今回は、3つのグレードを比較し、どのグレードがおすすめか徹底解剖していきます。

Chapter
ホンダ S660 β 【価格:203万1,700円~】
ホンダ S660 α 【価格:232万1,000円~】
ホンダ S660 Modulo X 【価格:304万2,600円~】

ホンダ S660 β 【価格:203万1,700円~】

「β」はS660のベースグレードで、トランスミッションとしてはCVTと6MTが設定されている1台です。

エンジンには専用設計ターボチャージャーを採用した高回転型660cc DOHCエンジンを搭載しています。

低・中速域での力強さやアクセルレスポンスに優れており、最高出力47kW(64PS)/6,000rpm、最大トルク104Nm(10.4kgm)/2,600rpmを誇っているのです。

プレミアムスターホワイト・パール、アラバスターシルバー・メタリック、ナイトホークブラック・パールの3色がボディカラーとして設定されています。

インテリア(内装)はブラックを基調とした、無駄を排した極めて機能的な作りとなっており、シートにはファブリック素材のスポーツシートが採用されています。

また、ブラック・サブリフレクターLEDヘッドライトミッドモード付フルオート・エアコンディショナーブラック×ピアノブラックのステアリングガーニッシュなどが標準装備されているのもポイントです。

燃費はWLTCモードでCVTが20.0km/L 、6MTが20.6km/L となっており、価格はCVT、6MTともに203万1,700円に設定されています。

ホンダ S660 α 【価格:232万1,000円~】

「α」は「β」の上位グレードで、「β」同様トランスミッションにはCVTと6MTが設定されています。

エンジンにも「β」と同じく、専用設計ターボチャージャーを採用した高回転型660cc DOHCエンジンが搭載されており、最高出力47kW(64PS)/6,000rpm、最大トルク104Nm(10.4kgm)/2,600rpmを誇っています。

「β」と異なる点としては、ボディカラーに「β」で設定されていたプレミアムスターホワイト・パール、アラバスターシルバー・メタリック、ナイトホークブラック・パールの3色に加え、フレンチブルー・パール、アクティブグリーン・パール、フレームレッドの3色が新たに設定された点でしょう。

インテリアは「β」と同じく黒を基調とした機能的な作りとなっていますが、シートには本革とラックススェード®︎を使用したスポーツレザーシートが採用されているのも特徴です。

アクセサリーライト付フロントバンパークルーズコントロール本革巻ステアリングホイールステンレス製スポーツペダルなどが標準装備されています。

また、シティブレーキアクティブシステムとして、前方車両とぶつかりそうな時に回避を支援する低速衝突軽減ブレーキと、急発進の防止を支援する誤発進抑制機能が備わっているのもポイントです。

「α」では運転席&助手席シートヒーターも標準で備わっているので、寒い時期にも快適に過ごせるでしょう。

燃費はWLTCモードでCVTが20.0km/L 、6MTが20.6km/L 、価格はCVT、6MTともに232万1,000円で、「β」より28万9,300円高く設定されています。

ホンダ S660 Modulo X 【価格:304万2,600円~】

「Modulo X」はホンダ S660の最上位グレードで、「β」「α」同様にトランスミッションにはCVTと6MTが設定されている1台です。

ボディカラーとしてはプレミアムスターホワイト・パール、アラバスタースター・メタリック、フレンチブルー・パールの3色が設定されています。

インテリアは、ボルドーレッド×ブラックのカラーリングでよりスポーティさが際立っているのが特徴です。

また、グリル一体型フロントバンパーボルドーレッドのロールトップ専用アクティスポイラーがセットになったModulo X専用装備が備わっています。

価格はCVT、6MTともに304万2,600円と、どちらも「α」より72万1,600円高く設定されています。

S660には3つのグレードがありますが、その中でも購入する際におすすめなのは「α」でしょう。

「α」は設定されているボディカラーも豊富な上、シートには本革のスポーツシートが採用されているだけでなく、シティブレーキアクティブシステムやクルーズコントロールといった安全装備も充実しており、万一の際にも安心です。

残念ながら生産終了間近ではありますが、気になった方は一度チェックしてみると良いのではないでしょうか。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道