ホンダ 初代S660はシートアレンジ不可能? 利便性・実用性をどのように高められるかを解説!

ホンダ 初代S660

ホンダの軽オープンスポーツカーとして2015年4月に発売を開始し、2022年に生産終了が決定した2シーターオープンスポーツカー、ホンダ 初代S660。

そんなS660のインテリア(内装)・シート周りはどのようになっているのか、早速チェックしていきましょう。

Chapter
ホンダ 初代S660の車内は意外と広め?
ホンダ 初代S660のシート周りの機能を解説! アレンジは可能なの?
ホンダ 初代S660の利便性・実用性を高めるにはどうしたら良いのか?

ホンダ 初代S660の車内は意外と広め?

初代S660の室内の広さは、室内長895mm、室内幅1215mm、室内高1020mmとなっています。

床から屋根までの高さは国産車の中でもかなり低めですが、全高以外は軽自動車の規格ギリギリの大きさで作っているためか、室内の長さに関しては2シーター軽自動車としてはかなり長く設計されているのが特徴です。

幅はタイトではあるものの、スポーツカーらしく体にフィットしてくれます。そのため、狭いとはいえマイナスイメージにはなりにくいでしょう。

足元の空間は見た目よりも広く、普通の軽自動車並に足を伸ばして座ることができるため、助手席に座っても苦になりません。

運転席も無理のないドライビングポジションを確保できるほか、クラッチ、ブレーキ、アクセルペダルの位置が、運転者が両足を伸ばした際にぴったりになるように配置されています。

軽自動車という規格で2シーターオープンスポーツカーを実現する中で、最大限快適性を保てるような工夫がされていると言えます。

ホンダ 初代S660のシート周りの機能を解説! アレンジは可能なの?

初代S660のシートは、スポーツカーらしく体をガッチリとホールドしてくれる仕様になっています。サイドは体を包むように丸みを帯びていながらも、座っている人の腰と肩あたりをしっかりと掴んでくれるのです。

決して豪華絢爛な作りというわけではないものの内装にはホンダのこだわりが詰まっており、素材は「β」がファブリック、「α」以上のグレードでレザーを使用しています。

ステアリングにはチルト機能が搭載されており、上下位置は細かく調整できますが、テレスコピック機能は無いため前後位置の調整はできません。

ドライブポジションの調整がしにくいと感じるかもしれませんが、S660のシートは若干前後にスライドできるようになっています。前にスライドさせてシートバックを少し傾斜させることも可能なので、ドライブポジションの調整はしやすくなっているので安心です。

クラッチペダルの左側には大きめのフットレストも用意されているので、ドライビングポジションの調整に加え、シート周りの快適性は非常に高いといえます。

しかし、フラットにするなどのアレンジはできず、シート後部にはあまり空間がないうえにラゲッジルーム(荷室)もフロントにあるため、ラゲッジの拡張等もできないのが欠点でしょう。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダ 初代S660の利便性・実用性を高めるにはどうしたら良いのか?

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道