ハイブリッド車のパイオニア!トヨタ 4代目(50型)プリウスの乗り心地はいかに!?

トヨタ 4代目プリウス

トヨタ プリウスのことを知らない人はごく少数でしょう。それほど日本ではプリウスはハイブリッド車のパイオニアとして知られています。

1997年に世界初の量産型ハイブリッド車として誕生したプリウスは、ハイブリッド車という新たなジャンルを創出し、その後のEV化の先駆けとなった存在です。

燃費性能に注目がいきがちなプリウスですが、2021年6月現在市場で販売されているトヨタ 4代目プリウス(ZVW51/ZVW55型)は、乗り心地にも定評があります。

この記事では4代目プリウスの乗り心地を、シートと足回り、ボディ等の側面から確認していきます。

Chapter
世界初の量産型ハイブリッド!トヨタ プリウスの歴史
乗り心地を左右するトヨタ 4代目プリウスの運転席を確認
トヨタ 4代目プリウスの乗り心地を支える足回りやボディ

世界初の量産型ハイブリッド!トヨタ プリウスの歴史

トヨタ 初代プリウスは1997年に世界初の量産型ハイブリッド車として誕生しました。エンジン+電気モーターで動くハイブリッド車で、10・15モードで28km/Lという燃費効率が世界中から注目されました。

2003年には初めてフルモデルチェンジが行なわれ、2代目プリウスが誕生します。その後のプリウスのイメージを確固たるものにした1台で、トライアングルシルエットが採用されました。燃費効率は10・15モードで35.5km/Lと初代プリウスから飛躍的に向上。

その後、2009年には3代目プリウスが登場します。燃費効率が10・15モードで38.0km/Lと2代目プリウスより向上しました。エクステリア(外装)は2代目プリウスから大きな変更はありませんでしたが、エンジンが1.5Lから1.8Lになっており、よりパワフルな走行が可能となりました。

2015年に4代目プリウスが誕生します。2代目・3代目のトライアングルシルエットを受け継ぎつつ、低重心でスポーティーなエクステリアに改変されました。燃費効率はJC08モードで40.8km/Lとプリウス史上最高となった上に、走行性能も向上しています。

それでは、4代目プリウスの乗り心地はどのようになっているのでしょうか?次項から詳しく解説します。

乗り心地を左右するトヨタ 4代目プリウスの運転席を確認

トヨタ プリウスの運転席から確認していきましょう。プリウスの運転席は、疲れにくく座り心地の良いシートをコンセプトに作られています。

座った瞬間からドライバーを包みこむようなフィット感が特徴です。従来のシートでは座骨に圧力が集中しがちでしたが、プリウスのシートはトヨタ独自の技術により、周囲に圧力を分散させる仕様になっているので、長距離のドライブでも疲れにくくなっています。


また、プリウスの運転席はアレンジが自由自在にできます。前後スライド、リクライニング、シート上下、チルドアジャスターの8ウェイパワーシートになっており、常にドライバーが楽な姿勢で運転できる様に工夫が施されていると言えるでしょう。

乗り心地を左右する運転席の座り心地は申し分なく、さすがプリウス史上最高の1台だと言えます。

トヨタ 4代目プリウスの乗り心地を支える足回りやボディ

次にトヨタ プリウスの足回りやボディについて見ていきましょう。

プリウスはフロントにマクファーソンストラット式サスペンション、リヤにダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用しています。リヤに採用されたダブルウィッシュボーン式サスペンションは荒れた路面や段差を乗り越える場合もショックの少ない走りを実現させており、快適な乗り心地を提供していると言えるでしょう。

また、プリウスにはトヨタのグローバル戦略の目玉であるTNGAと呼ばれるプラットフォームが採用されています。このプラットフォームにより、3代目プリウスより重心高が下がったため、優れた操縦安定性と走行性能を実現しました。

トヨタの技術が集結し、心地よい乗り心地を実現していると言えるでしょう。

トヨタ プリウスの乗り心地は、改良されたシートと足回りやボディによって抜群に良いと言えるでしょう。

また、燃費効率が飛躍的に向上しただけでなく、乗り心地も進化しています。

最新の機能が集約されており、安心してドライブを楽しむことができる1台だと言えます。あなたも進化したプリウスの乗り心地を体験してみませんか?

※ 2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道