中古でGT-Rを買うなら

スカイライン R34

日産が誇る人気車種、GT−R。2017年モデルの新型GT-Rが発表され、新車・中古車限らず購入を検討している方もいらっしゃるかと思います。今回は、実際に購入するならR34かR35どちらがいいかを考えてみましょう。

Chapter
日産 スカイラインの完成形態"GT-R R34"
まだまだ進化する可能性大!? ”GT-R R35”
R34とR35の比較
R34 vs R35 走行スペック
R34 vs R35 燃費性能
R34 vs R35のボディサイズ
R34 vs R35の維持費
R34 vs R35の中古価格

日産 スカイラインの完成形態"GT-R R34"

「人に翼を。」というキャッチコピーを掲げた、日産 スカイラインGT-R R34。1999年から2002年にかけて販売され、スカイラインGT-Rとしては最後の形となりました。

ホイールベースを縮め、原点復帰しつつ、ヘッドランプはつり目タイプに、テールランプに関しては内側のテールランプを小さくするという変更がなされました。

排ガス規制の影響によって、2002年に生産終了となってしまいましたが、生産終了直前に最終記念車「VスペックⅱNür(ニュル)」と「MスペックNür」が500台ずつ、計1,000台販売され、予約日に即日完売となりました。

まだまだ進化する可能性大!? ”GT-R R35”

2002年の生産中止から5年。2007年から生産が開始されたGT-R R35。

480psを発揮する新開発のVR38DETT型V6DOHCツインターボエンジンを搭載。クラッチやトランスミッション、トランスファーを車両後方に移動させた「独立型トランスアクスル4WD」の採用は世界で初めてとなりました。

今までのGT-Rとは違い、全く新しいジャンルの「新次元マルチパフォーマンス・スーパーカー」となっています。

<次のページに続く>
次ページ
R34とR35の比較