【プロ解説】ジャガーXFスポーツブレークのインテリア(内装)と荷室を徹底解説!!

ジャガーXF スポーツブレイク

XFスポーツブレークの外観デザインは、実用性とスポーティさ見事に両立させたデザインとなっていました。

インテリアは、加飾や素材にこだわった上質さと液晶パネルを多用した先進性が見事にマッチした空間となっています。

文・写真/萩原 文博

Chapter
XFスポーツブレークのインテリアは、シンプルかつ上品なデザイン
ジャガーXFスポーツブレークの運転席は、ドライバーの快適性に配慮した設計
ジャガーXFスポーツブレークの優れた空調は、どこに座っても好みの設定にすることが可能
XFスポーツブレークの後部座席は十分なゆとりを確保
XFスポーツブレークは様々なニーズに応えるべく大容量のラゲッジルームを備える

XFスポーツブレークのインテリアは、シンプルかつ上品なデザイン

中央に設置されたディスプレイと左右のドアトリムまで延びるシルバーの加飾プレートによって、インストルメントパネルは上下に分割されるデザインとなっています。

さらに、センターパネルから延びるピアノブラックのセンターコンソールによって、運転席と助手席はそれぞれ独立した空間を演出。

ステアリングスイッチ類の縁や、センターコンソールの縁にシルバー加飾を施すことで、上品かつオシャレな空間に仕立てています

センターコンソールはスイッチの数を最小限に抑え、クリーンな雰囲気と高い操作性を両立しています。

このシンプルな造形は、デザインディレクターだったイアン・カラム氏の「優れたデザイナーは足すことより引くことの大切さを心得ている」という哲学が反映されています。

ジャガーXFスポーツブレークの運転席は、ドライバーの快適性に配慮した設計

シート表皮にはパーフォレイテッドグレインレザーを採用。

フロントシートは電動で8カ所、手動で2カ所調整でき、自分にピッタリのドライビングポジションを調整することができます

あらゆる操作スイッチの位置はドライバーが操作しやすい高さに設置され、非常に操作しやすいのが特徴です。

ジャガーXFスポーツブレークの優れた空調は、どこに座っても好みの設定にすることが可能

XFスポーツブレークの空調システムは、イオン空気清浄テクノロジー、ナノイーテクノロジー2をオプションで用意しています。

空気中の微粒子をイオン化し、大気中の汚れを吸着・中和させることで、車内のアレルギー物質・ウイルス・細菌・臭いを除去し、空気を清潔に保ちます。

さらに、オプションで前席・後席の左右それぞれの乗員が温度と風量を個別に設定できる4ゾーンクライメートコントロールも備えており、どこに座っても快適に移動することができます。

XFスポーツブレークの後部座席は十分なゆとりを確保

XFスポーツブレークのリアシートはヘッドルーム(座面から天井までの距離)が995mm、そしてニールームが89mmクラストップレベルの数値を実現。

足元から頭上まで十分なゆとりを確保し、リラックスして移動することが可能です。

XFスポーツブレークは様々なニーズに応えるべく大容量のラゲッジルームを備える

ラゲッジルームはライフスタイルの様々なニーズに応えるべく、5人乗車時で510L、リアシートを倒せば1,700Lの大容量です。

さらに、奥行きは2m、幅は最も狭い場所でも1m以上のスペースがあるため、大きな荷物でも積み込むことが可能

便利な床下収納も備えているのが特徴です。

エレガントなデザインは、エクステリアだけでなくインテリアにも貫かれていました。

厳選された素材を惜しみなく使用し、シンプルさをもった上質な空間に仕立てられています。

流麗なスタイリングを実現しながらも、実用性や乗員の快適性を犠牲にしていないところが魅力的です。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ