ジャガー XFスポーツブレイクの後部座席(リアシート)は使い勝手と座り心地の良さを両立!

ジャガーは、2018年10月にXFスポーツブレイクの2019年モデルの発売を発表しました。XFスポーツブレイクは高級サルーン ジャガーXFのワゴンバリエーションで、高級車らしい装備に加えて広い荷室や最新テクノロジーを導入した実用的な一台です。

2019年モデルは、2018年モデルの良さを引き継ぎつつ全輪駆動(AWD)と新クラスを設定しクルマ選びの幅が広がりました。そんな中でも今回はXFスポーツブレイクの後部座席に注目していきます。

文・PBKK

Chapter
リアシートは3分割に倒せます
常時リクライニングしているような座り心地
グレードごとに異なるシート
車内でゆったり星座観賞

リアシートは3分割に倒せます

ジャガー XFスポーツブレイクのリアシート

XFスポーツブレイクのリアシート(後部座席)は4:2:4の分割シートを採用しており、3席全てを独立して倒すことが可能です。それにより荷物量に合わせて柔軟にシートアレンジを選ぶことができます。

シートアレンジの多彩さは日常からレジャーまで幅広く活躍。真ん中の席を折りたためばリアシートに2名乗車してもスキー板を運ぶことができます。また、通常のラゲッジルームは565Lですが、リアシートを全て折りたたむと最大1,700Lの大空間に変貌。これはテニスボール6,500個を積み込める大きさです。

座席を折りたたむにはヘッドレスト横にあるレバーで操作。レバーを引くと座席が手前に倒れます。

常時リクライニングしているような座り心地

ジャガー XFスポーツブレイクのリアシート

リアシートの広さはどうでしょうか。座ってみると足元はそこまで広くありません。しかし窮屈さは感じず非常にゆったり。その秘密は「シート座面の角度」にあります。XFスポーツブレイクのリアシート座面は約30度の角度で設置。この角度により平面の座面と比べて深く腰掛けることができ膝の飛び出しを抑えています。

足元のスペース自体は広くなくても膝がフロントシートにあたる圧迫感が小さいため、ゆったりと腰掛けることが可能となっています。さらに、座面に角度をつけることで常にリクライニングしたような座り心地となり、長時間座っていても疲れを感じることはなさそうです。

広いラゲッジルームを備えることで足元を縮めつつもそのスペースを最大限活かす工夫がXFスポーツブレイクには施されています。

次ページ
グレードごとに異なるシート