ジャガー XFスポーツブレイクの欠点(デメリット)とは?

画像1

ジャガー XFスポーツブレイクは、XF サルーンの洗練された存在感あるボディに、先進的な便利機能や多くの荷物を積み込める積載力を装備させた、ステーションワゴンです。新開発のエンジンを採用し、車両重量を抑えたことで、重さを感じさせないハンドリングと軽快な乗り心地を実現しています。

また、リアシート(後部座席)には、さまざまな場面に対応するシートアレンジを搭載。幅広いニーズに応える魅力が豊富に詰まっています。しかし、そんなXFスポーツブレイクにも、改善を願う欠点が存在します。

2012年の発売以来、一度もマイナーモデルチェンジも行われていませんが、どんな欠点(デメリット)を持っているのでしょうか?今回は、ジャガー XFスポーツブレイクの欠点に注目してみました。

文・PBKK

Chapter
エクステリアデザインにジャガーらしさが感じられない?
SUVと比べて走行性能は劣る?
荷室容量の広さだけならXFスポーツブレイクじゃなくてもいい?

エクステリアデザインにジャガーらしさが感じられない?

ジャガー XFスポーツブレイクのボディデザイン(外装)は、多くのユーザーから高評価を獲得しています。巨大なボディサイズながらも、セダンと似ているスタイリッシュでスマートなシルエットを持っています。

また、切れ長のヘッドランプと強い押し出しにより独特な存在感と高級感を放っているので、日常やアウトドアだけではなく、フォーマルなシーンにも最適。さらに、筋肉質なショルダーでスポーティーさを極め、ボディサイドに刻まれたキャラクターラインなど、細部にまでこだわりを見せています。

ただの積載力のある大きなクルマではなく、独特な高級感をかもしだすデザイン性の高い1台となっています。

クルマ側面のデザインやボディシルエットのみならず、クルマの顔であるフロントフェイスも同様に、実にスタイリッシュで精悍な顔立ちであることが分かります。個性的ながらも、多くの人に受け入れられそうな、キャッチーな面も持ち合わせています。

しかし、ジャガーのライバルであるドイツ車や日本のプレミアムブランドであるレクサスのエクステリアデザインと比べると、XFスポーツブレイクは「ジャガーらしさ」を一目で感じることができません。他社のように、強い個性を持った分かりやすいアイコンが、XFスポーツブレイクには欠けています。

なにもこれは競合他社のモデルと比べて、というわけではなくジャガー自身の現行モデル・過去のモデルと比較しても同じことが言えます。

往年のジャガーファンに、ジャガーとはどんなクルマを思い浮かべますか?と尋ねれば、「XJ X350系のような丸目4灯、F-タイプのような鋭さが印象的」と多くの人が、従来のモデルのエクステリアデザインを挙げることでしょう。

クルマのデザインに強い個性を求める方にとって、XF スポーツブレイクは、どこか物足りなく感じてしまうかもしれません。

しかし、XFスポーツブレイクのデザインにジャガーらしさが全くないかと言えば、そんなことはありません。流行に左右されない歴代ジャガーのエッセンスを随所に加え、ガラスエリアを美しく見せるジャガーならではのルーフラインなど、まさにジャガーらしさを体現しています。

SUVと比べて走行性能は劣る?

ジャガー XFスポーツブレイクには、新開発のインジニウムエンジンが搭載されています。このインジニウムエンジンは、XFスポーツブレイクの巨大なボディを軽やかに悠々と走らせます。

また、馬力が必要な急な坂道や高速道路などの場面で、力強くダイナミックな走行に切り替える機能も装備。日常の街乗りだけではなく、レジャーなどで活躍する走行性能を持ち合わせています。

XFスポーツブレイクには、多くの人を魅了する走行性能が備わっています。しかし、同じジャガーブランドのSUVとXFスポーツブレイクを比較するとどうでしょう。走行性能で劣っている点は出てくるのでしょうか?たとえば、ジャガー初のSUVであるF-ペース ピュアのディーゼルエンジンで比べてみましょう。

排気量はXF スポーツブレイクと同じ2Lターボ、最高出力180ps(132kW)/4,000rpm、最大トルク430Nm/1,750-2,500rpmとなっているのに対し、XFスポーツブレイクのインジニウムディーゼルエンジンは最高出力250ps(184kW)/5,500rpm、最大トルク365Nm(37.2kgm)/1,600-4,000rpmです。

車重はSUVであるF-ペースが100kg弱重いものの、数字の上からも、走行性能に明確な差があるとは考えにくいと言えます。逆に、大トルクが低回転域から発生する分、F-ペースの方が余裕を持った走りをすると予想されます。「SUVがセダンやワゴンに比べて走らない」というのは、今や過去の考えになってしまっているのです。

確かに、XFスポーツブレイクはF-ペースと比べてエンジン性能に差はなく、F-ペースの方がスムーズな走行をみせてくれるかもしれません。しかし、XFスポーツブレイクのやわらかくも引き締まった、ジャガー特有のサスペンション周り、猫足は特筆に値する部分です。

路面に踏ん張って段差をゴツゴツと乗り越えていくのではなく、XFスポーツブレイクの猫足は、しっかりと路面をとらえながらも、しなやかに走り抜ける独特の感覚を感じ取ることができます。SUVのように余裕を持った走りと、XFスポーツブレイクの安定感のあるなめらかな走り。ぜひ、試乗でチェックしてみたい部分です。

<次のページに続く>
次ページ
荷室容量の広さだけならXFスポーツブレイクじゃなくてもいい?