【プロ解説】現行型Eクラス セダンを徹底評価…良い点や欠点などを試乗レビュー!

メルセデス ベンツ Eクラス セダン W213

多彩な車種ラインナップを誇るメルセデス ベンツブランドの中でも、グローバル市場の中核を担うのがEクラス。

今回試乗したのは、2019年10月に導入されたクリーンディーゼル・プラグインハイブリッドのE350deです。

当時、日本初であったディーゼル・プラグインハイブリッド車の実力を徹底評価します。

文・写真/萩原 文博

Eクラスにはあらゆる良さが結集し、トータルでのパッケージングが優れている

では、その本来の魅力というのは何か。

それは、とにかく無駄な動きをせずに、安心して運転できるということだと思うのです。

メルセデス ベンツの魅力は一つ一つの良さが重なり、凄くイイクルマと感じるものだと思います。

例えばBMWならば、ハンドルを切った時の反応がよいとか、サスペンションの味付けが最高!とか出てくるのですが、Eクラスはトータルでのパッケージングが優れていて、ポイントを挙げていくと結局すべて良いということになってしまうのです。

Eクラスは長距離運転でこそ本領を発揮する

Eクラスは街乗りでも十分良さを感じられますが、ロングドライブに出掛けると本領を発揮します。

まず感じるのはロングドライブをしても本当に疲れません。

もちろん運転支援システムのサポートの効果もありますが、速度が上がっても真っ直ぐ走ります。

コーナリングでも切った分だけスッと曲がり、無駄な動きをほとんどしません

サスペンションの動きも非常に滑らかで、フラットな乗り味が特長です。

これは今回試乗したE350deだけでなく、エントリーモデルでも十分体験できます。

<次のページに続く>
次ページ
申し分ない走行性能と経済性を兼ね備えたハイブリッドシステム

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博