なぜスカイラインにメルセデスのエンジンが搭載されたのか?その背景とは?

日産 スカイライン 200GT-t

誰もが知っていると言っても過言ではない日本の名車、日産 スカイライン。そのスカイラインに2014年6月、メルセデス・ベンツEクラスなどに搭載されているダイムラー製のダウンサイジングターボエンジン(274型)を搭載したモデルが追加されました。日産の車にメルセデスのエンジンが搭載された背景とは?

Chapter
外国製エンジンを搭載したスカイラインの登場
日産とダイムラーの関係
スカイラインにダイムラー製エンジンを搭載した理由

外国製エンジンを搭載したスカイラインの登場

2014年6月、日産スカイラインにダイムラー製エンジンを搭載したモデル「200GT-t」が登場し話題となりました。なぜなら、日本のメーカーが外国メーカーのエンジンを搭載する例など、OEMを除けばそれまでなかったからです。

スカイライン「200GT-t」に搭載されたのは、メルセデス・ベンツCクラスやEクラスで250とされるグレードに搭載される、274型になります。

このエンジンは、DOHC 直列4気筒ターボで、最高出力211ps、最大トルク35.7kgmを発生する、昨今欧州では主流のいわゆるダウンサイジングターボと呼ばれるタイプのエンジンです。

日産のホームページでは、「パワーみなぎる走りと優れた燃費性能を両立する次世代のターボエンジン」と紹介されています。

ただし、両車のエンジンはまったく同じものではないようで、スペック上では最高出力や最大トルクは同じものの、最大トルク発生回転数やJC08燃費が異なっています。エンジン型式も、スカイラインは「274930」で、Eクラスは「274920」という型式になります。

ちなみに、北米で販売されるインフィニティブランドのQ50(スカイラインの北米モデル)では、ダイムラー製のディーゼルエンジンを搭載したモデルもあります。

では、スカイラインにダイムラー製のエンジンが搭載された背景について考えてみましょう。同型のエンジンということで、エンジンの詳細な違いに関しては触れませんので、その点はあかかじめご了承ください。

日産とダイムラーの関係

1999年、販売不振が原因で日産はフランスのルノーとの資本提携を結びました。そして、ルノーから資金や人員が注入され、カルロス・ゴーン氏が新たなCEO(最高経営責任者)に就任することになったのです。

ゴーン氏のCEO就任後、日産は徹底した合理主義のもと、経営の立て直しが図られました。その後、2010年にはドイツ ダイムラー社と3.1%を相互出資する提携を発表。具体的な提携内容として、

・日産 米工場でダイムラー製エンジンを生産
・日産がダイムラーから小型高級車の車体を調達
・燃料電池技術の共同開発

などがあげられました。

<次のページに続く>
次ページ
スカイラインにダイムラー製エンジンを搭載した理由