GT-Rの特別仕様車一覧|SpecV、EGOIST、NISMOなど…あなたはどれが好き?

日産 GT-R 45th Anniversary

今回は 、普通の日産GT-Rでは満足できない方向け!GT-Rの特別仕様車をまとめてみました。あなたはどのモデルが好きですか?

Chapter
標準車はこうなっています。
スペシャルエディション/45th Anniversary
SpecV
EGOIST
NISMO
トラックエディション engineered by nismo

標準車はこうなっています。

ハイパフォーマンスを誇る日産GT-Rは、しばしば標準車とそれ以外(特別仕様車)で語られます。

ベースグレードは、GT-R(後期ではピュアエディション)。それに、専用の内装色とレザーシートが選べる「ブラックエディション」と盗難防止装置の標準装備や、BOSEプレミアムサウンドシステム搭載の「プレミアムエディション」の2種類のラインナップが用意されており、当初のGT-Rの販売価格は777万円〜となっていました。

スペシャルエディション/45th Anniversary

プレミアムエディションをベースに作られた「スペシャルエディション」。人気の高いドライカーボン製リアスポイラーや、ハイパーチタンカラーコートを施しGT-Rの魅力をさらに高めたモデルに仕上がっています。

ボディカラーはミッドナイトオパールを採用!上質で美しい色彩は見る角度によってその表情を変えます。

スペシャルエディションは全世界限定100台。気になる値段は、約1050万円でした。

そして、2015年2月3日より全国一斉発売された「45th Anniversary」。こちらもプレミアムエディションをベースに作られています。

2001年モデルのスカイラインGT−R M Specに採用されていた特別塗装色、シリカブレスを採用しました。

<次のページに続く>
次ページ
SpecV
商品詳細