日産 新型ノートのリアシート(後席)の使い勝手はいかに!?

日産 新型ノートのリアシート

日産 新型ノートのリアシートについて紹介します。3代目となる新型ノートは、2020年11月24日にフルモデルチェンジが発表されました。SUVを彷彿させるエクステリア(外装)でインテリア(内装)にも高級感があるコンパクトカーとなっています。

快適であると同時にラゲッジルーム(荷室)としての役割も望まれるリアシートですが、新型ノートではどのような特徴があるのでしょうか?今回は、新型ノートのリアシートの快適さや使い勝手について紹介します。

Chapter
日産 新型ノートのリアシート(後席)は快適?
日産 新型ノートのリアシートの収納スペースは?
日産 新型ノートのリアシートはシートアレンジで荷室容量アップ!
日産 新型ノートをオプションでより快適な空間に!

日産 新型ノートのリアシート(後席)は快適?

日産 新型ノートの車体寸法は先代である2代目ノートと比べるとコンパクトになっています。新型ノートの寸法は全長4045mm×全幅1695mm×全高1505〜1520mm、2代目は全長4,100mm〜4,190mm×全幅1,695〜1,705mm×全高1,515mm〜1,535mmと、比べて見ても小さくなっているのが分かります。

しかし、新型ノートの車内幅は2代目が1,390mmに対し、新型は1,445mmと55mm広くなっており、ボディのコンパクト化と室内の拡張が実現されております。大人が座っても圧迫感を感じることなく過ごせるリアシートと言えるでしょう。

最上級グレードの「X」では、リクライニング機能も装備されているので、使い勝手が良く長時間乗っても疲れないように工夫がされています。

また、シートにもこだわりは現れており、「X」には、グラデーションストライプのジャージーシートを採用されています。オプションを使うことで本革のシートに変更できるも嬉しいポイントです。廉価版である「F」「S」グレードはシンプルなデザインのトリコットタイプになっています。

新型ノートは車体が若干小さくなっていますが、快適でリラックスできるリアシートであることは間違いありません。

日産 新型ノートのリアシートの収納スペースは?

日産 新型ノートのリアシートには主に4ヶ所の収納スペースがあります。

左右のドアにそれぞれ2ヶ所ずつドアポケットがついており、小物入れとして最適です。

助手席の後ろにはシートバックポケットが装着されているので、地図や雑誌などを入れるのにいいでしょう。

リアシートの中央にはリアセンターアームレストが格納されています。アームレストの先にはカップホルダーが2個ついており、ドリンクが置けるようになっています。不要な時はしまうことができるので使い勝手がいいですよね。

日産 新型ノートのリアシートはシートアレンジで荷室容量アップ!

日産 新型ノートのリアシートは、6:4の分割可倒式のシートが採用されており、人数や荷物に応じて、リアシートを畳んでおけるので、ラゲッジルームのスペースを増やせます。長物を運ぶときや荷物をたくさん積まなければならない時に便利です。

ただし、仕様の都合上、シートを倒してもラゲッジルームがフルフラットになりません。収納スペースは大幅に増えますが、畳んだリアシートとラゲッジルームに段差が生じます。そのため、荷物を積み込むときは注意しなければなりません。

フルフラットにしたい場合は、オプションで天板付きのラゲッジアンダーボックスを付ければ可能になります。フラットにすることで長物の出し入れなど積荷が楽になるでしょう。また、天板の下は収納スペースになり、修理道具などを置くことができるので、より効率よく集積ができます。

日産 新型ノートをオプションでより快適な空間に!

日産 新型ノートはオプションを付けることで、より快適な空間を作ることができるでしょう。リアシートに関係するオプションとして、フロアカーペットと本革調シートカバーと後席用充電USBポートがあります。

フロアカーペットは毛並みが長く、高級感あふれる空間を演出できます。NOTEと記載されたメタルエンブレムも見栄えがよく、特別感が生み出されるでしょう。料金は29,700円(税込)です。

本革調シートカバーは革小物をイメージしたシートカバー。ブラック、アイボリー、オレンジと3種類のカラーバリエーションがあり、それぞれインテリアをより上質な空間にしてくれます。料金は69,080円(税込)です。

後席用充電USBポートもオプションで取り付けが可能になっております。フロント側にワイヤレス充電器が装備されていますが、リアシートでもスマホを充電できるようになり使い勝手が向上します。料金は14,520円(税込)です。

日産 新型ノートはコンパクトなボディと広い室内が両立されており、リアシートも快適なクルマです。

またシートアレンジをすることでラゲッジルームとして活用することもでき、オプションと組み合わせることで、高級感あふれる上質な空間と快適な室内空間を演出できるでしょう。

コンパクトカーでリアシートを重視したい方は、是非購入を検討してみてください。

※ 2020年11月現在

日産 新型 NOTE (ノート) を28分徹底解説!価格が高い?第2世代e-POWER?ライバルのフィットやヤリスとどう違う?プロパイロットは?NISSAN NOTE X【試乗レビュー・車両レビュー】

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
商品詳細