日産 新型ノートの荷室の広さと使い勝手は?

新型ノート荷室1

販売が開始されてから今だに人気が高い日産の新型ノートですが、荷室(ラゲッジルーム)に対して不満の声が聞かれます。

容量はコンパクトカーの中では充分大きいのですが、口コミやネットでは「ちょっと狭い」「思ったほど使い勝手が良くない」といった指摘がちらほら見られます。普段使うクルマとして考えたとき、新型ノートの荷室にはどのような問題があるのか確かめてみました。

文・PBKK

Chapter
意外と広い日産 ノートの荷室
計測方法によってもかなり違う容量
幅や奥行きは小さめだが普段使いには支障なし
すこし荷物の出し入れがつらい床形状
フラットにならない床面

意外と広い日産 ノートの荷室

日産 ノートをはじめ、トヨタ ヤリスやホンダ フィット、MAZDA2などハッチバック式コンパクトカーの場合、座席との仕切りがないかわりに荷室はかなり大きく、容量は大体300リットル前後になっています。

日産 ノートはメーカーからの正式な発表はありませんが、ディーラー担当者の話では、約330リットルほどの容量ということでした。正式に発表されているMAZDA2が280リットルなので、数値だけ比較すると大きさの違いがわかります。

しかし、残念ながら単に容量が大きいから使い勝手もいいとは限りません。普段ノートで使用する部分の機能や室内の状態、収納スペースなどさまざまな要素によって大きく変化します。

計測方法によってもかなり違う容量

比較的ボディサイズの数値が似ている日産ノートとMAZDA 2を比較してみましょう。

日産 ノート
ノートの荷室の容量は約330Lです。寸法は通常時の奥行は約620mm、タイヤハウス間の幅が950mm、高さ約820mmになっています。

マツダ MAZDA2
MAZDA2は容量280Lで、通常時の奥行が670mm、タイヤハウス間の幅が約1,000mm、トノカバー有りは高さは約500mm、トノカバー無しは約840mmです。

荷室の寸法だけを見た場合、MAZDA2がノートよりやや上回っていますが、容量はノートの方が50Lも大きいのです。荷室の容量はあくまで参考値と考えておいた方が良さそうです。

<次のページに続く>
次ページ
幅や奥行きは小さめだが普段使いには支障なし