【プロ解説】マツダCX-8の維持費を徹底解説!!お財布に優しいグレードは「XD」だ!

マツダ CX-8

2017年12月にマツダの国内SUVの最上位モデルとしてデビューしたCX-8。デビュー当初は2.2リッターのクリーン・ディーゼルのみというパワートレインでしたが、後に2.5Lのガソリンエンジンと、2.5Lのガソリンターボエンジンの2種を追加。現在では3つのパワートレインが用意されています。

クルマは製品本体価格があれば買えるものではありません。税金や保険などがかかってしまいます。それを支払う必要があるのは、購入時と毎年1回、そして車検時です。今回はCX-8にかかるお金がどれほどなのかを説明します。

文・鈴木ケンイチ

Chapter
マツダ CX-8を購入した際にかかる諸費用はいくら?
搭載エンジンによって異なるマツダ CX-8の税金
マツダ CX-8の保険料は高い?安い?
燃料費がお財布に優しいマツダ CX-8はどれ?
マツダ CX-8の車検費用は?

マツダ CX-8を購入した際にかかる諸費用はいくら?

購入時に必要なのが、本体価格(オプションを含む)と税金、保険料、リサイクル費用、そして登録諸費用です。税金は、自動車税(環境性能割)と自動車重量税、自動車税というもの。保険は自賠責保険と任意保険です。

また、登録諸費用は、ナンバーを登録するなどの手間賃のようなもので、販売会社によって大きく変わります。マツダが、オフィシャルHPで「参考価格(消費税込み)」とアナウンスしているのは70,260円となります。

ちなみに自動車税は、毎年4月1日にクルマを所有する人にかかる税金のため、毎年の支払いとなります。同じように保険も任意保険は毎年の支払いです。そして、車検時にかかるのが自動車重量税と自賠責保険となります。

搭載エンジンによって異なるマツダ CX-8の税金

CX-8にかかる税金の額は、搭載エンジンの種類によって変わります。クリーンディーゼルエンジンを搭載する「XD」グレードは、優遇扱いになっており、自動車税(環境性能割)と自動車重量税が免税、つまり0円。非常にお得となっています。2.5Lのガソリンエンジンの「25S PROACTIVE」の自動車税(環境性能割)は、57,000円、自動車重量税は49,200円。2.5Lターボの「25T L package」の自動車税(環境性能割)は71,200円、自動車重量税は49,200円となります。

毎年かかる自動車税は全グレードで年間43,500円。新車購入するときは、購入月ごとに変化します。最も高いのが3月登録で、翌月から徐々に減額され、最も安いのが2月登録となります。

自賠責保険は新車購入時には、次の車検までの3年分を支払うため37か月分で30,170円となります。車検時は2年分となり、21,550円となります。

<次のページに続く>
次ページ
マツダ CX-8の保険料は高い?安い?

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ