ホンダ 4代目フィットの5つのグレード(GR1/GR2/GR5/GR7型)を徹底比較!車中泊におすすめのグレードはこれだ!!

ホンダ・4代目フィット

ホンダ フィットは、2001年6月に初代が発売されたホンダのハッチバックタイプの小型自動車です。軽自動車級のコンパクトボディでありながら、高い走行性能と広い室内空間を併せ持つオールラウンダーであるがゆえ、幅広い世代からの人気のロングセラーモデルとして愛されています。

そんなフィットのグレード展開は、一体どのようになっているのでしょうか。フィットを購入する際に、車中泊に適しているかどうかを考慮する方も多いため、数あるグレードの中でもっとも車中泊に向いているグレードも併せ紹介していきます。

ホンダ 4代目フィット LUXE【価格:197万7,800円~】

ホンダ 4代目フィットのトップグレードに位置する「LUXE」では、運転席&助手席シートヒーター本革シートを採用し、運転中のにかかるストレスを大幅に軽減してくれます。

また、LEDフォグライトは標準装備され、ハンドルにも本革を採用。16インチアルミホイールはLUXE専用となるなど高級感がアップしています。

価格は、FFが197万7,800円、4WDが218万6,800円となっており、「CROSSTER」からFFが3万9,600円、4WDが5万600円アップし、もっとも価格の低い「BASIC」からはFFが42万600円、4WDは43万1,200円アップしています。

【フィット/FIT】ホンダ フィット LUXE/リュクスを伊藤梓が徹底解説!! 4代目へと進化したフィットをじっくりとお届け!! HONDA FIT/JAZZ Review

幅広い世代から支持を受けるホンダ 4代目フィット。そもそものフィットのポテンシャルが高く、どのグレードを選んでも、一定の満足感を得ることは確かですが、車中泊では「NESS」がオススメかもしれません。

「NESS」にはプラズマクラスター機能搭載のフルオートエアコンに加えて、食事の際に食べ物をこぼしてしまっても、撥水ファブリックシートなのでキレイに拭きとることができます。こうしたかゆいところに手が届く装備こそ、車中泊では大いに役立ちます。車中泊を基準に選ぶ場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※ 2020年9月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道