新型 日産 ルークスはN-BOXに勝てるか?ルークスの魅力を紹介!

日産の新型ルークスは、打倒N-BOXの大本命として、軽スーパーハイトワゴンジャンルに殴り込みをかけた日産の軽自動車です。「デイズルークス」から「ルークス」に名前を変え、心機一転、新たなスタートを切った新型日産 ルークスは、久々に登場した日産の渾身の一台として、とても魅力的な商品構成となっています。

今回は新型ルークスについて、1、車両の概要、2、運転席からの視界やシート性能、3、収納スペースや荷室の使い勝手、4、ハンドリングや乗り心地などの走行性能、の4記事にわたって、カタログに乗らないようなポイントにも触れつつ、新型ルークスの魅力をご紹介していきます。

文:自動車ジャーナリスト吉川賢一/写真:エムスリープロダクション鈴木祐子

Chapter
新型ルークスとはどんな軽自動車?
新型 日産 ルークスには軽自動車初のインテリジェント FCW(前方衝突予測警報)を装備!
新型 日産 ルークスの売れ筋グレードは、ハイウェイスター X!

新型ルークスとはどんな軽自動車?

日産 ルークス ハイウェイスター仕様

X (2WD) ホワイトパール / セレニティゴールド 2トーン (特別塗装色)

新型 日産 ルークスは、ノーマル仕様と、上級&スポーツバージョンの「ハイウェイスター」仕様の2タイプに加え、LVと呼ばれる福祉車両が用意されています。

グレード構成は、ハイウェイスターが上から「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」、「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」、「ハイウェイスターX」の3グレード、標準タイプが上から「X」、「S」の2グレードに加え、オーテック(AUTECH)もグレードにラインアップされています。福祉車両ですが、こちらには助手席スライドアップシートと送迎タイプが存在し、各グレードに2WD/4WDの駆動方式があります。

新型 日産 ルークスでは、ターボ、プロパイロットはハイウェイスターにのみ設定

新型 日産 ルークスのエンジンは、ハイウェイスターにのみ、ターボが設定されており、CVTは、先代モデルに対してギヤ比を最適化。ステップ変速することで、爽快な加速感を味わうようにセッティングされています。なお、プロパイロットもハイウェイスターのみの設定です。

新型 日産 ルークスのデザインは、先代のルークスに対し、より直線的なラインを用いて、シャープな印象を持たせました。特にウィンドウラインは直線的に後方へと延び、最後端部分は、同社の人気ミニバン「セレナ」を彷彿とさせるようなキックアップもおり込まれています。

ヘッドライトも薄型になりましたが、眼光は鋭く、デイライトが入り、シンプルにかっこよくなりました。カスタマイズバージョンの「オーテック」には、専用フロントグリル、専用14インチアルミホイール(切削光輝)、専用本革巻きステアリング、専用レザー調インストパネルが装備されています。

新型 日産 ルークスには軽自動車初のインテリジェント FCW(前方衝突予測警報)を装備!

軽自動車初のインテリジェント FCW(前方衝突予測警報)

新型 日産 ルークスには、インテリジェントアラウンドビューモニター、ハンズフリーオートスライドドア、7個のエアバッグシステムによる安全対策の充実が施され、さらには、インテリアのクオリティアップによる広い室内空間を確保し、後席ロングスライドなど、訴求ポイントが数多くあります。

中でも新型 日産 ルークスには、軽自動車初のインテリジェント FCW(前方衝突予測警報)など、安全サポートが充実している点は魅力です。また、「SOSコール」は、専門のオペレーターが警察や消防への連携をサポートし、自車位置や所有車の情報も自動的に連絡されます。急病時や危険を感じたとき以外にも、煽り運転をうけているときの通報にも有効とのことです。

このように、新型 日産 ルークスは、広い室内空間を確保し、先進安全技術・運転支援システムを搭載した、革新的な軽自動車へと進化しています。

新型 日産 ルークスの売れ筋グレードは、ハイウェイスター X!

人気グレードはハイウェイスターX。2週間弱で約7000台を登録!(※提出時に差し替える)

新型 日産 ルークスの2020年3月の販売台数は7633台。3月19日の販売開始から実質2週間弱での数字ですが、駆け込み需要が多くある年度末としては、少し少なくも感じます。

しかし、このコロナ禍の混乱の中においては、新型 日産 ルークスはまずまずのスタートを切ったといえるでしょう。

1、ホンダ N-BOX:22078
2、ダイハツ タント:17370
3、スズキ スペーシア:16077
4、ダイハツ ムーヴ:14023
5、日産 デイズ:11612
6、スズキ ハスラー:10372
7、ホンダ N-WGN:10271
8、スズキ アルト:9718
9、ダイハツ ミラ:9222
10、スズキ ワゴンR:9138
11、日産 ルークス: 7633
12、三菱 eK:6651
13、ダイハツ キャスト:2910
14、スズキ ジムニー:2081
15、スズキ エブリイワゴン:2003

新型ルークスの売れ筋グレードは「ハイウェイスター X」で、全体の35%を占めているそうです。ハイウェイスターの比率は約80%で、全体の98%以上はアラウンドビューモニターを装着し、プロパイロットの装着率も60%以上と高くなっているようです。

新型 日産 ルークスのグレードとメーカー小売価格 (税込)

<グレード&メーカー小売価格>※税込

ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(2WD/4WD)1,932,700円/2,066,900円

ハイウェイスターX プロパイロットエディション(2WD/4WD)1,843,600円/1,977,800円

AUTECH(2WD/4WD)1,747,900円/1,882,100円

ハイウェイスターX(2WD/4WD)1,734,700円/1,868,900円

X(2WD/4WD)1,546,600円/1,680,800円

S(2WD/4WD)1,415,700円/1,549,900円

LV(福祉車両)
助手席スライドアップシート(2WD/4WD)1,801,000円~/1,923,000円

送迎タイプ(2WD/4WD)1,470,700円~/1,604,900円~

新型 日産 ルークスは、デザインだけでなく、装備の面からも"ミニセレナ"と表せますが、運転席に座ってみるとさらに驚いたことがありました。

その点については、次回の運転席周りの視界や、シートの座り心地についての記事で紹介していきます。

日産 ルークス ハイウェイスターXプロパイロットエディション(2WD)【取材車両】

<主要諸元>

ルークスハイウェイスターXプロパイロットエディション(2WD)

■全長×全幅×全高:3395×1475×1780mm

ホイールベース:2495mm

車両重量:970kg

■駆動方式:前輪駆動

■エンジン:BR06-SM21 直列3気筒ガソリンエンジン

排気量:0.659リットル

■最高出力:38kW(52ps)/6400rpm

■最大トルク:60Nm(6.1kgf・m)/3600rpm

■モーター最高出力:2kW/1200rpm

■モーター最大トルク:40Nm/100rpm

■動力用主電池:リチウムイオン電池

■トランスミッション:エクストロニックCVT

■サスペンション前後:前/マクファーソン式

           後/トーションビーム式

■タイヤ前後:前/ 155/65R14

       後/ 155/65R14

■WLTCモード燃費:20.8km/L

■最小回転半径:4.5m

■燃料・タンク容量:無鉛レギュラーガソリン・27L

吉川 賢一|よしかわ けんいち

モーターエンジニア兼YouTubeクリエイター。11年間、日産自動車にて操縦安定性-乗心地の性能技術開発を担当。次世代車の先行開発を経て、スカイラインやフーガ等のFR高級車開発に従事。その後、クルマの持つ「本音と建前」を情報発信していきたいと考え、2016年10月に日産自動車を退職。ライター兼YouTube動画作成をしながら、モータージャーナリストへのキャリア形成を目指している。

吉川 賢一|よしかわ けんいち